発行済株式数

発行済株式数は、実際に発行した株式の総数のことを言います。 発行株式数が多ければ多いほど1株の価値は下がりますが、発行株式数が少なければ少ないほど1株の価値は向上します。 そのため、増資によって発行株式数が増えると「1株 … 続きを読む

増資

増資とは、資本金を増やす行為を指します。 増資をするときは「新株を発行する」のが一般的なパターンになっていますが、新株を発行する行為そのものは既存投資家からすると大変厄介です。 新株を発行すると市場に出回る株数が増えます … 続きを読む

デイトレーダー

デイトレーダーとは、1日で株を売買する人のことを指します。 一般的にデイトレーダーは配当金を狙わず、「1日の株価の動き」を通じて利益を上げるのです。デイトレーダーは大きく利益を狙うのではなく、少し株価が上がったら株を売る … 続きを読む

自社株買い

自社株買いとは、上場企業が発行している株を市場から買い戻すことです。 元々、上場企業が株を発行するのは「経営資金を増やすため」という目的があります。自社株買いを決行するのは明らかに当初の目的の矛盾した行為になりますが、企 … 続きを読む

アナリスト

アナリストとは、企業を徹底的に調査して株の価値を分析する専門家のことを差します。 アナリストとして活躍している人のほとんどは株式投資に詳しく、「会社の専門知識に長けている」という長所が存在します。 アナリストの意見は参考 … 続きを読む

安全株

安全株とは、安全に儲けることが可能な株のことを差します。 「初心者にもお勧めできる株が安全株」と言われることが多いのですが、正直なことを言ってしまうと真の安全株は存在しません。株というものは保有している以上、それ相応のリ … 続きを読む

ナンピン

ナンピンとは、特定の銘柄が下がり続けたときに下落した値段で株を追加購入するのがナンピンと言います。 別名、ナンピン買いとも呼ばれます。 例えば1000円で株を100株買ったとします。最初は1000円の値をつけていた株です … 続きを読む

売り崩し

売り崩しとは、特定の銘柄の株価を不正に下げる行為になります。 売り崩しは不公正取引の一種で、株価を下落させて他の投資家の狼狽売りを引き出すのが売り崩しになります。特定の銘柄を意図的に安く仕向けることにより、他の投資家の株 … 続きを読む

二番底

二番底とは、一度株価が底値まで下がった後にまた株価が上がり、再度株価が下がった状態のことを指します。 「二番底は買いのチャンス」と言われており、二番底が訪れたときは株を買って売却益を狙うのが得策になります。たまに三番底が … 続きを読む

逆張り【ぎゃくばり】

逆張り(ぎゃくばり)とは、相場が悪化している時期に株を買って相場が好転したときに株を売る投資手法のことを指します。 株価が大きく値下がりしているときに株を買うのが逆張りで、株価が値上がりしたときに株を売却して利益を得るの … 続きを読む