利益剰余金

LINEで送る
Pocket

利益剰余金とは、利益の累積額のことを指します。


会社の利益の合計額が利益剰余金という数字に残ります。今まで会社経営をしてきて合計で10億円の利益を手に入れた場合、利益剰余金の額は10億円になります。

利益を出すことができず企業活動の合計がマイナス4億円の場合、利益剰余金は4億円の赤字になってしまうのです。

利益剰余金は「会社の残り資金」という意味ではありません。私も勘違いしていたのですが、利益剰余金と会社の資金は別物です。利益剰余金という言い方だと、会社の余った利益が銀行に保管されているというイメージが浮かびますが全く違います。利益剰余金は会社が今まで得た総合的な利益額のことを言うのです。

つまり、利益剰余金は会社に現金があるという意味ではないのです。

「利益剰余金が豊富にあるからこの会社は大丈夫」

「利益剰余金がたくさんあるし、資金繰りについて心配する必要はない」

上記の意見は完全な誤りです。利益剰余金は会社に残っているお金を指しているわけではないので、勘違いすると危険です。

利益剰余金がプラスになっている会社は「会社が発足してから現在に至るまで、利益を出すことができている」ということになります。利益剰余金の額を調べて株を分析するのはとても重要です。会社が利益を出している体質を築いているかどうか調べたければ、利益剰余金の欄を見るようにしてください。

逆に会社の財務状態を確認したければ自己資本の欄をチェックしてください。利益剰余金と自己資本は似ているようで異なるデータなので、注意する必要があるのです。

利益剰余金と似た言葉で内部留保という専門用語も存在しますが、意味は大体同じです。内部留保を現金だと勘違いしている方も多いのですが、内部留保は資金の調達方法を意味する言葉です。

また、利益剰余金が少ないと「会社の経営状態が厳しい」と判断することができます。利益剰余金がマイナスだと事業活動をトータルで見て利益を出していない証明になるので、そういう株に投資するのは控えるべきです。

内部留保と利益剰余金の言葉のイメージをそのまま捉えると、間違った使い方をします。

【利益過剰金の間違った使い方の例】

1,「利益剰余金が5億円あるから、この飲食会社は新規出店するべきだ」

上記のセリフは「利益剰余金が会社に残っているお金」だと勘違いしているケースになります。利益剰余金が5億円であっても、実際に会社に残っているお金が5億円とは限りません利益剰余金が会社の貯金額と混合していると、上記のような間違いを犯してしまうのです。

2,「利益剰余金が豊富にあるし、社員数を増やして事業規模を拡大するべきだ」

これも1のケースと同様の誤りです。利益剰余金は預金額ではないので、社員数を増やして事業拡大を試みるという意見は的外れになります。

利益剰余金という言葉の響きが多くの人から誤解される原因になっているのは確かです。株式投資で儲けたければ、「知らない言葉の意味を調べる」のが大切になります。憶測で単語の意味を解釈するのはとても危険です。

 


スポンサードリンク