リスクヘッジ

LINEで送る
Pocket

リスクヘッジとは、様々なリスクに対応する方法のことを指します。


株式投資で儲けたければリスクヘッジを重視するのが大切になります。自分の資産を守りたい人は、様々な銘柄の株を購入してリスクを分散しましょう。リスクヘッジの基本は、特定の株にこだわらないことです。

資産全体で見ると、株資産だけにこだわるのはリスクが高いという側面があります。株は日経平均株価の影響を大きく受けるため、株価の影響を受けない金融商品を購入すれば上手くリスクを低減することが可能になるのです。

株は元本保証型の金融商品ではなく、日々資産価値が変動します。

リスクヘッジの観点から考えると、株と相性が良いのは元本保証型の金融商品です。株式投資をしながら元本保証型の金融商品を購入することによって、上手くリスクをコントロールすることができます。

また、様々な業種の株を購入することによって、特定の銘柄に依存しなくなります。

東日本大震災が起こったときは、東京電力を筆頭とする様々な電力会社が株価暴落の危機に見舞われました。このように、特定の業種だけで資産を形成しているのは高いリスクを備えていることになるのです。

当時は「電力株さえ持っていれば安心だ」という風潮が広まっていましたが、現在はその考えは陳腐化しています。絶対安心と言われた電力株であっても、暴落の危機から免れることはなかったのです。

上手くリスクを分散している人は、資産に大きなダメージを与えることはありません。電力株を保有しつつ、食品株も購入する。これこそが理想的なリスク分散になるでしょう。

食品問題が多発しても、全く関係のない業種の株を保有していれば株価が値下がるリスクを回避することが可能です。リスクヘッジは「急激に資産価値が減少するリスク」を回避するために重要になるのです。

リスクヘッジの概念が無いと、株式投資で儲け続けるのは難しいのです。

資産を守る基本はリスクヘッジだと考えてください。1つの銘柄に集中投資したり、他の金融商品を組み合わせないで資産を運用したり、お金の使い道を絞ったりするのはリスクの高い行為になります。

リスクには様々な種類が存在しますが、全てのリスクに対応するのは不可能です。

不可能であるからこそ、私たちはリスクを分散するように努めなくてはいけません。

リスクヘッジは防御の要となる考え方になります。集中投資をして資産を増やそうとする戦略もありますが、より安全に儲けたければリスクヘッジを意識した株式投資を続けるのが得策になります。

しかし、リスクヘッジを重視するデメリットは存在します。

リスクヘッジをする上で1番大きいデメリットは「多大な資金量が必要になる」という点でしょう。

株式投資をやりつつ、国債も購入し、定期預金にも加入するというリスクヘッジを行いたければ、それ相応の資金が無いと実行は不可能です。また、リスクヘッジを意識しすぎると「資産全体の収益率が下がる」というデメリットもあるのです。

リスクヘッジをするのは、収益率の低い金融商品を購入するのと同義になります。国債はその代表格になりますが、だからと言って収益率の高い株資産だけを購入していると高いリスクを背負うことになるのです。

このように、上手くリスクを分散したければ「資産のバランスを整える」ことが重要になります。収益率の高い株を購入しつつ、資産を守るための金融商品を保有するのがリスクヘッジとして最適だと言えるのです。


スポンサードリンク