時価総額【じかそうがく】

LINEで送る
Pocket

時価総額とは、上場企業の株価と株式数をかけて出した金額を指します。


時価総額は以下の計算式を利用すれば簡単に計算できます。

時価総額=発行済み株式数×株価

発行済み株式数と現在の株価をかければ簡単に時価総額を出すことができるので、時価総額を調べるのは非常に簡単です。時価総額の大きい企業ほど「大企業」であると思ってください。

以前、ホリエモンが率いるライブドアは時価総額世界一を目指していました。

時価総額世界一を達成して株主に利益を還元するのがホリエモンの描いていたストーリーでしたが、「時価総額が高い株ほど優秀」というわけではありません。

実際に時価総額が高い株を分析してみると分かるのですが、時価総額が高いから良株だと断定できないのが残念です。初心者ほど時価総額の大きい大企業株を買いたがる傾向がありますが、株式投資で儲けたい人は「時価総額はどうでも良い」と思ってください。

実際に私も様々なデータを分析して株を買っていますが、時価総額を気にしたことは1度もありません。時価総額が高くて株価が割安なら良いのですが、「時価総額は株価で割り出される」ため、時価総額の高い企業は大抵株価も割高です。

企業を買収するときは時価総額を調べるのがお勧めですが、さすがに企業を買収するレベルで株式投資を行なっている人は少ないと思います。

「とりあえず時価総額の高い株を買って長期投資すれば安心」という意見も存在しますが、投資効率を求めるのであれば時価総額にこだわらない方が良いです。

何度も言いますが、株式投資で勝ちたければ「割安優良株」を狙う必要があるのです。時価総額が低くても割安で優秀な株はゴロゴロ存在するので、時価総額にこだわるメリットはほとんどありません。

あえて利点を挙げると、「私はこんなに時価総額の高い企業の株を保有しているんだぞ!」と悦に浸れるのがメリットでしょうか。

ちなみに、時価総額が100億円の企業は「完全買収を果たすのに100億円必要」になります。現在買収したい会社がある場合、時価総額を調べて「買収するのにいくら必要になるのか?」という点に注目してください。


スポンサードリンク