資産運用

LINEで送る
Pocket

資産運用とは、金融資産を購入して資産を増やすことを言います。


株を買うのも資産運用になります。今の時代、資産運用に関する知識を得るのは必須です。

資産運用は会社や組織に依存しないでお金を稼げるというメリットがあり、不労所得を受け取れるという大きな利点があります。

自分のお金を銀行に預けて利息を受け取るのは資産運用にならないのです。銀行預金の利息はとても少ないので多くの不労所得を得ることはできません。効率的に資産運用したければ、株や債券といった金融資産を購入してお金を殖やさなければいけないのです。

資産運用はとても難しいと考えている方も多いのですが、実際は物凄く簡単です。極端な話、金融資産を購入したら後は保有しているだけでお金が入るので何も難しくないのです。金融資産を買うのが難しいという意見もありますが、そんなこともありません。

株の場合、証券口座を開設すれば簡単に株を買うことができます。

資産を購入するのはとても簡単なのですが、長期間利益を出し続けるコツが存在するので資産運用の基本はマスターしなければいけません。例えば株式投資だと優良株や割安株に長期投資して、長く配当金を受け取るのがお勧めです。

優良株や割安株を見極めるのは少し難易度が高いのですが、株を購入するのは誰でもできます。小学生でも株を買うことができるので、「資産運用は難しい」というイメージは誤りです。

資産運用に対する興味が無いだけで多大な損失が発生していると考えてください。

機会損失という言葉がありますが、自分の資産を有効に利用しないと機会損失が発生してしまうのです。

例えば、あなたの財布の中に1万円が入っているとします。この1万円をそのまま財布に入れておいても1円も殖えることはありませんが、1万円を利用して株を買うことによって不労所得を得ることができます。これが資産運用で、資産運用の原理はとても単純なのです。

資産運用は「自分のお金を殖やすための手段」として考えると分かりやすいでしょう。

いくら1000万円の大金があっても銀行に預けているだけだとほとんど収入が増えません。しかし、1000万円を投資に利用すればたくさん不労所得を受け取ることができます。これが資産運用のキモになるのです。

資産運用を軽視する方のほとんどは金融商品に関する知識がありません。金融商品の知識がないから「資産運用してもあまりお金が殖えない」と考えてしまうのです。この概念は早急に破壊してください。

人間はいつまでも働けるわけではないのです。働けなくなったときのことを想定して、できるだけ早く資産運用の知識を身につけて「働かないでお金を得る方法」を知るのが重要になります。


スポンサードリンク