底抜け

LINEで送る
Pocket

底抜けとは、株価が下落し続ける現象を指します。


株価の低下が著しい株は「底抜け株」と呼ばれており、多くの投資家が底抜け株を嫌います。

底抜け株を買いたくなければ株価が下げ止まった株を買ってください。株価を下げ続けている株は底抜け株である可能性があるので投資するのは危険です。

下方修正や赤字決算が発表されたとき、株は底抜け株に変化します。

悪い情報が流れると「底抜け」になることが多く、驚くほど株価が下がってしまうのです。私も底抜け株を保有した経験がありますが、勢い良く株価を下げるのを見ると逆に気分が高揚します。

株価というものは一気に下げたから大抵リバウンド現象が起き、一時的に株価が回復するので「底抜け株を買い、リバウンド狙いの投資を実行する」のも戦略の1つになります。

底抜けと言っても上場廃止にならない限り株価がゼロ円になることはありえないので、いずれ株価の下落は止まるのです。そのため、「底抜け」と言われる状況に遭遇しても心配しすぎる必要はありません。

いずれ株価の下落はストップし、株価は反発するものです。

投機株やボロ株は底抜け状態に陥ることが多々あります。ボロ株は業績が悪い会社がほとんどなので、大抵の投資家がボロ株を欲しいと思っていないのです。

ボロ株を買うのは「株価を利用したマネーゲーム」を行ないたいからであり、ボロ株に価値を見出している人は少数派です。

底抜けを経験したくなければ割安優良株に投資することを心がけてください。

成長著しい割安株に投資すれば底抜けを回避することは可能になります。

底抜けを恐れるのは良いことではありません。どの株も底抜けに株価が下落するリスクを背負っているので、「底抜けが怖いから株を買わない」のは大変もったいない考え方です。

一時的に業績が悪化した底抜け株を買い、業績の回復を期待した長期投資を実行する方法もあるので底抜け株を恐れるのは止めましょう。

悪い決算予測が発表されると底抜け状態になってしまうので、底抜けを回避したければ「増収・増益が期待できる株」を買うべきです。

逆に言えば「業績が安定してない株」は底抜け状態に陥りやすくなります。

私が安定成長を遂げている株の投資をお勧めするのは、底抜けを回避することが可能だからです。

結局、株価というものは業績で決まるので「業績が良い株を買えば底抜けを恐れる必要はない」のです。


スポンサードリンク