自己資本比率

LINEで送る
Pocket

自己資本比率とは、資産総額の自己資本の割合のことを指します。


簡単に解説すると、自己資本比率は多ければ多いほど良いのです。自己資本が多い会社は必然的に自己資本比率が高くなります。逆に自己資本が少ない会社は返済する必要のある資金が多いため、財務状態が良くないと判断することができます。

自己資本比率の高い会社は有利子負債や銀行の借金に頼りすぎていない証明になります。

財務状態が良い企業を見つけたければ自己資本比率を参考にした方が良いのです。

自己資本比率が低いと設備投資や新たな店舗を出店するときに金融機関からお金を借りなければいけません。お金を借りると利息を支払う必要があるため、自社のお金を活用して新規店舗を出店したり設備投資を行ったりした方が良いのです。

収益が上げられないと有利子負債の利息が重荷になってしまうので、利息支払いによる支出を削減する意味でも自己資本は大切になります。

私も株を分析するときは自己資本比率を重視してチェックしています。いくら業績が良くても自己資本比率が低いと財務健全株として評価しにくいですし、自己資本比率が低いのは会社のウィークポイントになってしまうのです。

また、自己資本比率を出したい人は以下の計算式を活用してください。

 自己資本比率(%)=自己資本÷総資産×100

わざわざ自分で計算しなくても会社四季報を見れば企業ごとに自己資本比率は掲載されています。

【自己資本比率の基準】

・自己資本比率が40%以上の会社は倒産しにくい

自己資本は返さなくても良いお金になるため、自己資本比率を高めるのが安定経営を実現するために重要になります。会社が潰れる心配のない安定株を探している方は自己資本比率が40%以上の会社を探しましょう。

一般的に自己資本比率が40%以上であれば倒産しにくいと言われています。倒産しない基準が自己資本比率40%ということは覚えておいた方が良いのです。

逆に自己資本比率が20%から39%の間を推移している場合、その会社は「普通企業」と呼ばれます。財務状態が良くも悪くもないという評価を受けることが多いのです。

・40%から69%までの自己資本比率は優秀企業

自己資本比率が40%から69%の範囲に収まっている会社は優秀企業として評価されています。自己資本が多く、他社のお金を借りて経営をしていないことになるので投資家から好かれます。

・自己資本比率が70%超えている会社は理想企業

自己資本比率が70%超えている会社は理想企業と呼ばれており、長期投資と相性が良い株になります。自己資本比率が70%以上の会社は莫大な利益が出ているIT企業に多く、膨大な会社運用資金を必要としないのが自己資本比率を高めている結果に繋がります。

逆に資本力を必要とするビジネスは自己資本だけで会社の規模を拡大するのが難しいので、自己資本比率が低くなってしまう傾向があります。金融機関からお金を借りるのは悪いことではありませんが、財務状態が優秀な株が欲しければ自己資本比率が70%を超えている会社の株を買うのがお勧めです。

自己資本比率は株の総合力を知る上でとても重要になる指標なので、絶対に覚えておいてください。


スポンサードリンク