集中投資

LINEで送る
Pocket

集中投資とは、1つの銘柄に集中的に投資をすることです。


集中投資は分散投資と反対の意味になります。分散投資は幅広い銘柄に投資をして収入源を広く確保する投資手法になりますが、集中投資は1つの銘柄に投資資金を集中させて大きなリターンを狙うことを目的としています。

売却益と株数には密接な関係が存在します。例えば特定の銘柄を100株しか保有していない場合、株価が1円上昇しても100円の含み益にしかならないのです。

しかし、特定銘柄の株を1万株保有していたらどうでしょうか? 株価が1円上がっただけで1万円の含み益を得ることができます。もし10円株価が向上したら10万円の含み益を手にすることが可能です。

たった1円の値上がりでも株数が多ければたくさん儲けることができるのです。集中投資は「1つの銘柄に投資資金を絞り、たくさん売却益を得ましょう」という投資手法になります。

逆に株価が1円下がっただけで大きな含み損を抱えてしまうのが集中投資のデメリットです。集中投資はハイリスクとハイリターンが同居しているのが特徴で、初心者の方が集中投資に徹するのはお勧めできません。

私は分散投資を推奨しています。

1つの銘柄に投資資金をつぎ込むのはリスクが高すぎます。よくあるのが「配当利回りが5%で高配当だから、この株だけに投資して効率的に配当金を受け取る」という考え方です。

確かに、高利回り株に集中投資するのは効率の良い株式投資の儲け方になります。しかし、もしその株が減配したらどうなるか考えてください。配当金収入は一気に低下し、とても残念な状況を味わうことになります。

減配程度ならまだ良いのですが、業績の悪化が原因で配当金が無配になったら最悪です。1銘柄に集中投資していると、投資している株が無配になったら配当金収入もゼロになるのです。1000万円や2000万円の金額を投資していても関係ありません。

1株あたりの配当額がゼロになった瞬間、自分の配当金収入も全てなくなります。

配当金収入で儲けたいのであれば集中投資は絶対にお勧めしません。数多くの銘柄に投資をして、収入経路を分散すべきです。集中投資が活きるのは売却益目当ての投資です。特定の銘柄に資金を集中させて、多額の含み益を確保した後に株を売却するのが集中投資を上手く活かす方法になります。

【初心者は安全策を狙うべき!】

はっきり言いますが、集中投資は「上級者向けの投資手段」です。初心者がいきなり集中投資を実践するのは危険です。株式投資を始めたばかりの段階だと株の価値や株の成長性を分析するのも難しいので、集中投資を行っても大抵の場合失敗します。

集中投資で大きく儲けたいと思うのは悪くありません。どうしても集中投資で儲けたい人は「成長株」を狙うようにしてください。配当金収入を捨てて、売却益狙いの投資に徹するのが吉になります。

成長株を分析するのは難しくありません。市場規模が拡大しているビジネスを行っており、年々業績が伸び続けている会社の株を狙えば良いのです。集中投資で儲けたい人は成長株だけを狙いましょう。

間違っても配当金狙いで集中投資に取り組んではいけません。配当金狙いの戦略と集中投資の相性は非常に悪いのです。集中投資はあまりにもリスクが高すぎるので、配当金収入を重視している方は分散投資をした方が良いのです。

 


スポンサードリンク