上場ゴール

LINEで送る
Pocket

上場ゴールとは、上場時の株価がピークの株のことを指します。


例えば上場時5000円の値がついた株があるとします。この株はそのあと下方修正を繰り返して株価が1000円になってしまいました。上場時につけた「5000円」という株価を超えられないから、この株は上場ゴール株になります。

要するに「公募価格より上に行かない株」は上場ゴールとして見られてしまうのです。

「上場すると創業者に大きな利益が得られる」から上場ゴールという言葉が生まれました。ベンチャー経営者の中には「上場」することを目的に会社を立ち上げる人がいらっしゃり、上場して大金を手にしたら会社経営に力を入れなくなるパターンが存在します。

上場を達成しても経営に専念する経営者は多々いらっしゃいますが、芳しくない業績が続くと初値価格が超えられない日々が続きます。

そういう株のことを投資家が皮肉を込めて「上場ゴール」と呼ぶのですが、上場ゴールは良い意味ではありません。

「上場したときがピーク」の株が上場ゴール株と呼ばれるのです。

上場ゴールと揶揄されたくなければ上場時以上に株価を引き上げる必要があります。要するに良い業績を維持して株主の期待に応えれば上場ゴールとバカにされることはなくなります。

上場ゴールを狙っている会社も存在します。

これがIPO(新規公開株)の恐ろしいところなのですが、その会社が上場目的に存在しているのか発展を成し遂げるために上場したのか見極めなければいけません。上場した瞬間下方修正を発表したり、経営者家族が自社株を売却したりすると上場ゴールの可能性が高まります。

また、期待値が高すぎる株は上場ゴールになりやすいです。

投資家から期待を寄せられている株は新規上場時に高値がつくため、「非常に期待値が高い状態」です。このような状態だと最初のハードルを超えるのが難しくなるため、結果的に上場ゴールになってしまうのです。

「上場時と比較して株価を下げ続けている株は上場ゴール株」だと判断するのがお勧めです。

ただ、上場ゴール株だとバカにされていても経営者はそのつもりがないことが多々あるため、何でもかんでも「上場ゴールだ」と煽るのはよくありません。

結果的に見れば上場ゴールかもしれませんが、「会社の発展」を重視している経営者は多くいらっしゃるのです。


スポンサードリンク