順張り【じゅんばり】

LINEで送る
Pocket

順張りとは、株の上昇トレンドを狙って株を購入する投資手法になります。


順張り投資を行なう基本は「株価が上がっているときに株を購入すること」です。

株価が上昇し続けている株は勢いがあるので、株価上昇中の株を購入して売却益を得るのが順張り投資の醍醐味になります。

要するに順張りは「株価が上がっている状態のときに飛び込み、更なる株価の向上を狙う」のが基本戦略になるのです。お勧めなのが「ゆっくり株価が上がっている株を狙うこと」で、株価が急激に上昇している株を買うと急落するリスクが高いので避けた方が良いのです。

ウォーレン・バフェットは「株は安くなったときに買え」という名言を残しています。

バフェット流の投資術を実行するのであれば順張り投資は行なわない方が良いです。順張りはあくまでも「短期間で儲けたい人に向いている投資スタイル」で、長期投資家や中期投資家は順張り投資を実行する必要はありません。

順張り投資で儲けたければ「相場の流れを読むこと」が大切になります。

上げ相場のときに株を買うのがセオリーになるため、「順張り投資を上手く活用すれば相場に乗り遅れることがなくなる」のがメリットです。この先も上げ相場が続くと確信したときに順張り投資を決行するのがお勧めです。

初心者の方が株式投資で儲けたければ「順張り」を行なうのが良いという意見もありますが、私はどちらでも良いと思っています。

順張り逆張りにこだわらず、持続的成長を遂げている割安優良株を買うのが1番良いのです。

短期間で利益を得ようとせず、長期にわたってじっくりと株を保有し続けた方が利益が出しやすいので「長期投資家は順張り・逆張り」にこだわる必要はありません。

順張り投資のメリットは「メンタルが弱くても儲けやすい」ということです。

逆張りは「株価が下がっているときに株を買う」という投資手法になるため、メンタルが強くないと実行するのは困難です。しかし、順張りは今値上がりしている株を買うことになるので、「株価が上がる期待感を抱いて株を保有することができる」のがメリットになります。

順張りの方が儲かる、逆張りの方が儲かるというのは理論的に決まっていないので、好きな投資手法を選択してください。


スポンサードリンク