自己資本

LINEで送る
Pocket

自己資本とは、返済する必要のないお金のことを指します。


株式会社の場合、株を発行して集めたお金が自己資本になります。新株を発行して集めたお金は返済義務がなく、利子も存在しないので会社にとってありがたいお金になります。

配当金を支払う場合、自己資本は「株主に還元しなければいけないお金」として解釈することもできますが、配当金を支払わなければお金を払う必要もないのです。

多くの企業が市場に上場したがるのは自己資本を増やすことができるからです。株主を通じて事業資金を集めて、事業規模を拡大するために役立つのが自己資本になります。基本的に自己資本の額は多ければ多いほど良いのです。

返済の必要がある有利子負債よりも、返済義務のない自己資本の方が会社にとってありがたい理由が分かるでしょう。

安全株を求めたい方は自己資本が多い会社を選ぶべきです。有利子負債額が少なく、自己資本が豊富にある会社は安全株として狙い目です。その会社が黒字経営を続けており、安定配当を実施していれば株を長期保有しているだけで儲けることができます。

自己資本は株主に帰属するのが原則になりますが、絶対に株主に還元しなければいけないというわけではないのです。

会社の財務状況を分析したければ、有利子負債の額と自己資本をチェックしてください。自己資本よりも有利子負債の方が多い会社は財務状態が健全とは言い難いのです。

【自己資本が多い会社の株は長期投資に向いている】

長期投資で儲けたければ黒字経営を続けている株を買ったり、安定配当を実施している株を買ったりする必要がありますが、自己資本も重視する必要があります。

いくら黒字経営を維持していても有利子負債が多すぎて自己資本が少ない会社の株を長期保有するのは危険です。財務安定株を買うのが長期投資で儲けるための基本になるので、自己資本が充実している会社の株を買うのがお勧めです。

自己資本が多ければそれで良いというわけではありません。株の価値はさまざまな条件を組み合わせて、初めて真価を知ることができるのです。自己資本が多い会社はたくさん存在しますが、赤字経営を続けていたらどうしようもありません。自己資本に恵まれていても利益を出せない会社はいずれ倒産することになります。

利益を出している会社の株を見つけたときは、自己資本もチェックするようにしましょう。財務が状態が健全でビジネスも上手くいっている会社の株であれば言うことはないのです。

 


スポンサードリンク