塩漬け

LINEで送る
Pocket

塩漬けとは、含み損が発生している株を売却しないで持ち続ける戦略のことを指します。


塩漬けは良い意味で使われることは少ないのですが、私は塩漬け株戦略を高く評価しています。含み損が抱えた株を損切りして損失を確定させるよりも、塩漬けして株価が上昇するのを待った方が効率が良いからです。

こういうことを言うと、塩漬けして株を長期保有するより、損切りして投資資金を別の株に回した方が効率が良い」と主張する人もいるのですが、その意見は少し疑問です。

確かにいつまでも含み損が回復しない株を抱えているくらいなら、優良株に投資した方が投資効率は増すでしょう。

しかし、塩漬け株を抱えるような投資家が効率良く資金を回転させることができるのでしょうか? 新たな株で含み損を抱えてしまったら損切りスパイラルが巻き起こり、少しずつ投資資金が減ってしまいます。

それなら塩漬け覚悟で含み損を解消した方が安全ではないでしょうか。

投資効率を重視するのも確かに大切ですが、行き過ぎた効率主義が逆に非効率になっているパターンも多々見かけます。

「含み損を抱える株は将来性が薄いから損切りをすべきだ」と主張する投資家も多いのですが、この意見も疑問です。塩漬けが嫌いな人ほど損切りを好む傾向がありますが、損切りは「自分のお金を減らす行為です」

自分のお金を切り捨てて投資効率を求めるのが果たして本当に効率的なのか考えるべきです。

「塩漬けは効率的ではない」と述べる投資家の意見は一理あるのですが、塩漬け戦略を全否定するのであれば損切りしたくなる株を買わなければ良いのです。塩漬けする株は「含み損を抱えている株」で、含み損を生み出す株は最初から買わない方が投資効率は良くなります。

私は含み損を受け入れて株式投資を続けています。

そもそも株式投資というものは勝率100%が期待できるジャンルではないので、負けることも想定して株を買う必要があるのです。多くの人が「含み損は実質的な負け」だと認めていますが、私はそうは思いません。

要は塩漬け前提で株を買えば良いのです。

最初から「含み損を抱えても仕方ない」と思えば塩漬けに対するイメージも変わります。

これは利益を諦めるという意味ではなく、「塩漬けして利益を得る」という意味になります。配当金目的であれば含み損を抱えても利益入手という目的は達成されるので、世間で言われている塩漬けは悪という風潮に流されないことをお勧めいたします。

もちろん、1番理想的なのは「含み益を抱えて株を保有する」という手段です。

しかし、そのような理想的状況を作り出すことができるとは限らないのが株式投資で、それならば最初から塩漬けを受け入れるのが良いのではないでしょうか?

配当金も出ない株を無意味に保有する塩漬けは推奨できませんが、「塩漬け投資で利益を得る」という明確な目標が存在しているのであれば塩漬けは良いと思います。

むしろ損切りするより効果的に資産運用できる可能性が高いので、塩漬けよりも損切りする方が悪だと思った方が良いです。


スポンサードリンク