シーズンストック

LINEで送る
Pocket

シーズンストックとは、季節要因によって株価に影響が生じる株のことを指します。

別名、季節株と言います。

シーズンストックに投資して儲けたければ「季節要因」を重視しなければいけません。例えば寒波が訪れると予測されている年は「暖房機器の需要が高まること」が予測されるため、暖房機器を販売している会社の株が向上しやすくなります。

シーズンストックで儲ける基本は「最盛期の季節が訪れる前に株を買うこと」です。

例えばサーティワンアイスクリーム(2268)はアイスクリームを販売している代表的なシーズンストックですが、あえてアイスクリームの需要が薄い冬か春に株を購入した方が良いのです。


夏が近づくにつれてアイスクリームの需要が増加し、株価も上がっていく傾向があるので「季節の最盛期に株を買うのは危険」だと思ってください。

シーズンストックの株価が最初に上がるのは「業界を代表している会社」が多く、季節要因を加味して株式投資で儲けたければ業界ナンバーワンの売上高を誇っている会社の株を買うべきです。

また、「季節要因が裏切られる」と株価がダダ下がりするのもシーズンストックの特徴になります。

例えば猛暑が訪れると予測されていたのに、実際に冷夏になってしまうと「アイスクリームや清涼飲料水」を販売している会社は株価を下げてしまいます。

これは季節需要を上手く取り込むことができないのが原因であり、「季節要因によって売上が減少することが起きると、株価が下がってしまう」のがシーズンストックの短所になります。

私の意見を述べさせて貰うと「季節要因だけ」を分析して株を買うのはお勧めできません。

季節要因を判断材料にするのは良いのですが、季節要因だけに頼った投資を行なうのは危険です。

株式投資というものは「株の総合力を分析し、株に合った適切な戦略を当てはめること」が重要になるので、シーズンストックであっても魅力がない株はダメです。(例、減益が続いており、成長性が見込めない株など)

シーズンストックに関しては難しく考えず、「季節要因が株価に大きな影響を与える」ということだけ覚えておけば良いです。


スポンサードリンク