少額投資

LINEで送る
Pocket

少額投資とは、少ない資金を活用して株式投資にチャレンジすることを言います。

初心者の方は大金を利用して株を買うよりも、少額投資を決行して少しずつ儲けるのがお勧めです。


株式投資初心者がいきなり大金を運用して株を買うと、含み損に耐えられないことが多いのです。株価が1円値下がりするだけで何万円も損するとストレスが溜まり、正常な取引を行なうことができなくなってしまうので最初は少資金で株を買うべきです。

実際に私も40万円程度の少資金で株を始めましたが、結果的に少ない資金で株を買って良かったと思っています。

その後東日本大震災が起きて一時期資産は半分まで減ってしまいましたが、もし最初から300万円投資していたら耐えられなかったでしょう。投資スキルが身についていない間は「少額投資を通じて株式投資の基礎を学ぶ」ことを心がけた方が良いのです。

特に今は少額投資制度(NISA)が存在するため、個人投資家が参入しやすい時代が到来しています。

NISAを活用して株を買えば税金ゼロで配当金を受け取ることができますし、証券会社によっては取引手数料が無料になります。SBI証券はNISA口座での取引手数料が無料です(2014年に限る)

少額投資の良いところは含み損を大して気にしなくて済むことです。

資金が少ないと大きな売却益を期待するのも難しいのですが、逆に言えば資金が少ないほど損失リスクを低くすることができます。大きな損失を抱えないで不労所得を受け取りたいと思っている方は、優良株を少額投資して株式投資について学ぶことをお勧めいたします。

株式投資で儲けるコツを掴んだら少しずつ投資資金を増やしていきましょう。

毎月1万円ずつ追加投資するのもお勧めです。少額投資のキモは「少ない資金で不労所得を受け取る」ということです。大きな不労所得が欲しければ投資金額を増やす必要がありますが、少額の配当金で構わない方は投資資金にこだわる必要はないのです。

株式投資にチャレンジしている人と、株式投資をやっていない人は雲泥の差が生じるので少しでも投資の経験を積みたい方は少額投資を試してみましょう。少額でも相場の動きや経済の動きを参考にすることは可能なので、自分の金融スキルを高めることが可能です。

投資資金が少なくても将来有望な割安株に投資すればそれなりに儲けることができるので、それなりの副収入を得ることもできます。

例え失敗しても元手が少額なので金銭面のダメージも軽減することができるのです。


スポンサードリンク