仕立株

LINEで送る
Pocket

仕立株(してかぶ)とは、株価を動かしている仕立筋(してすじ)が存在しており、投機の対象になっている株のことを指します。


基本的に仕立筋の対象になっている株を買うのは避けた方が良いのです。仕立筋は大資本を利用して株価を大きく動かす力を持っているため、株価を自分の思い通りに動かすことができるのです。個人投資家が仕立株に手を出してもほとんど勝てません。

仕立筋の構想を完全に読みきり、相場の流れに乗って株を売買すれば仕立株で大きく儲けることができます。しかし、仕立筋からの情報がない状態で相場を読みきるのはほとんど不可能です。

また、相場操縦は犯罪になるため、刑事処罰の対象になります。株式投資で儲けたいからといって、仕立筋と協力して株価を動かすと自分も犯罪者の一員になってしまうのです。

何も知らないで仕立株に手を出しても負ける。

仕立筋と協力して株価を操作しても犯罪になる。

では、一体どうしたら良いのでしょうか?

【仕立株には手を出さない】

もう結論はこれしかありません。仕立株に手を出さないのが1番良いのです。

幸いなことに、全ての株が仕立筋に動かされているわけではありません。仕立筋は低位株と呼ばれている300円以下の株を狙うことが多いのです。500円以下の株を低位株と呼ぶこともありますが、低位株の基準は人によって異なります。

私の意見を言わせていただくと、100円以下の株は全てグレーゾーンだと思った方が良いでしょう。株価が100円を下回ると投機の対象になりやすく、企業の業績よりも株価の値動きに注目する必要があるのです。

株価が安いほど株を多く揃えることができるため、株価が少し値上がりしただけで大儲けすることができます。しかし、株価が下がると大損害を被ってしまうので、そこは覚悟しなくてはいけません。

仕立株に手を出すのは、ハイリスクハイリターンで非常に危険です。私は絶対にお勧めしません。特に「安心して株式投資で勝ちたい」と思っている方は仕立株に手を出すべきではないのです。

そもそも仕立株を購入するのは投資ではありません。短期間の売買を目的とした株の購入は投機と言います。仕立株は別名「投機株」と呼ばれており、仕立株はもはや投機の対象にしかなっていないのです。

会社の価値を評価されて株を買われているのではなく、ギャンブルの対象として株を買われているのが仕立株の実体になります。

実際に100円以下の仕立株を見てみると分かるのですが、赤字続きの株が物凄い出来高で取引されています。

これはトランプのババ抜きと同じで、株を最後まで持っていたら負けというゲームになります。上場廃止になるまでマネーゲームを楽しむ。それが仕立株です。ライブドアも上場廃止前はマネーゲームの対象となり、ババ抜きのジョーカーのように様々な投機家から株を売ったり買われたりしていました。

仕立株は株の情報に精通しているプロが集まることが多く、初心者が勝つことはできません。初心者が株式投資で勝ちたければ安全株や資産株を購入して、配当金収入で稼ぐのが堅実な方法になります。

仕立株には絶対に手を出さない。

株式投資で安全に儲けたければ、上記の方針だけは絶対に貫いてください。


スポンサードリンク