整理ポスト

LINEで送る
Pocket

整理ポストとは、上場廃止が決まった銘柄が割り当てられる場所になります。

整理ポストに指定されると「売買できる期間は原則1ヶ月」になるため、保有している個別銘柄が整理ポストに入ってしまったらすぐに売却した方が良いのです。

整理ポストに入ると「上場廃止は確定」なので、株を売りたいと思う投資家がどんどん売り注文を出して株価が減少し続けます。

たまに整理ポスト中の株価が上がることもありますが、これはマネーゲームの対象として株価が上がるだけなので、初心者のかたは「整理ポストに入っている銘柄を売買するのは止めた方が良い」のです。

整理ポスト銘柄は短い命なので、いずれ株を売買するのが不可能になります。

上場廃止になると証券取引所で株を取引することが不可能になりますが、個人間で株券を売買することは可能です。

ただ、上場廃止銘柄の株を「個人間で手に入れたい」と考える人は少ないので、上場廃止になったら実質的に株券の価値は無くなると思ってください。

整理ポストの銘柄を購入するのは「超ハイリスクな投資」になるため、マネーゲーム目当てでないと株を購入するのは危険です。

整理ポスト銘柄の株を購入するのは全くお勧めすることはできません。

整理ポスト銘柄は上場廃止になる運命が定められているので、速やかに株を売却するのが最善になります。

たまに整理ポストに入ると「この銘柄は再上場する可能性があるから、今売ったら損」という流言が流れることがあります。例え再上場しても新たに株券を発行したら株の価値は下がりますし、上場する可能性も低いです。

そもそも再上場できるくらい有望な銘柄だったら「整理ポストに入ることはない」ので、株券が紙切れになる前に即座に株を売却した方が良いのです。

 

【整理ポスト銘柄を買わないために】

自分の持ち株が整理ポストに入った場合、すぐに株を売却するのが賢明になりますが、そもそも整理ポストに入るような危険な株を買わなければ良いのです。

上場廃止する可能性の低い「優良株」を購入すれば整理ポストに悩まされることはありません。

黒字経営を続けており、資金が潤沢にある会社が整理ポストに入る可能性はかなり低いです。整理ポストに入る銘柄は「斜陽産業に属していたり、赤字が続いていたりする会社」になるため、よほど酷い株を買わなければ整理ポストで頭を抱える心配はありません。

上場基準を満たさない銘柄は整理ポストに入る可能性があるため、上場基準を覚えておくのも大切になります。

 


スポンサードリンク