デイトレーダー

LINEで送る
Pocket

デイトレーダーとは、1日で株を売買する人のことを指します。


一般的にデイトレーダーは配当金を狙わず、「1日の株価の動き」を通じて利益を上げるのです。デイトレーダーは大きく利益を狙うのではなく、少し株価が上がったら株を売るという戦法を実施している人が多く、「欲張り過ぎない」のがデイトレーダーに求められる能力です。

1流のデイトレーダーは1日で何百万もお金を稼ぐことができますが、これは投資資金が多いからなせる技です。投資資金が少ない間は1日で何百万も稼ぐことはできないので、その辺りは誤解すると危険です。

私はデイトレードを否定することはありませんが、儲けるのが難しい手法だと実感しています。

短期間の株価というものは予測するのが困難です。値上がりし続けている株でも株価が急落することはよくありますし、逆張りを狙って株価が下がっている株を買っても、そのまま株価が下がり続けることはよくあります。

デイトレードは丁半博打に似ており、「株価が上がるか下がるか」を予測する単純なマネーゲームになるため、専業デイトレーダーになって勝ち続けるのはかなり困難です。

デイトレードが上手い人でも勝利を積み重ねる人は少なく、株価が下がったら「損切り」という手段を選択して資産の大幅な減少を防ぎます。

デイトレーダーに求められるのは「損切りを躊躇なく行なう能力」です。

デイトレードで儲けたければ頻繁に株を取引する必要があるので、負けることも少なからず認めなければいけないのです。損切りを決行してお金が減少しても、次の取引で勝つという決心を抱くのがデイトレーダーに求められる素質です。

優秀なデイトレーダーは相場の動きを読み、今話題になっている銘柄の株を購入して短時間で株を売却します。

デイトレードは薄利でも良いのです。

1回の利益額が少なくても、安定して勝ち続ければ資産額を増やすことは可能になるので、大きく儲けることを狙う人はデイトレーダーに向いていません。損切りをしっかり行ない、株価が少し上がったら速やかに売却するのが上手いデイトレーダーです。

デイトレーダーは最初アメリカで広がり、社会問題になったこともありました。

デイトレードで破産する人もいらっしゃり、「株の短期売買はマネーゲーム」と批判してデイトレードを快く思っていない人も多いのです。

デイトレーダーとして勝ち残っていくのは至難の業ですが、損切りを躊躇なく行なって短期売買に挑戦することができる人はデイトレードにチャレンジしても良いでしょう。

私はデイトレードで稼ぐことをお勧めしませんが、才能のある人はデイトレーダーとして多額の資金を得ることができます。

また、会社勤めをしている人はデイトレーダーには向いていません。デイトレードは専業で行なっている人が多く、「平日に時間が取れないとデイトレードを行なうのは不可能」です。

そのため、デイトレーダーとして活躍したければ専業になってください。専業デイトレーダーになるのはかなりリスクが高いので私はお勧めしませんが、一部の専業デイトレーダーが大きく稼いでいるのは事実です。


スポンサードリンク