投資資金

LINEで送る
Pocket

投資資金とは、投資に活用する資金のことを指します。


株式投資で稼ぎたい場合、元手となる投資資金を得なければいけません。投資資金を利用して株を買うことによって株式投資を始めることができるのです。

数は力なりという言葉がありますが、この言葉は株式投資でも当てはまります。投資資金が多ければ多いほど株式投資の収入は増えるので、常に投資資金を増やし続ける意識を保たなければいけません。
投資資金は労働所得を通じて少しずつ増やしていくのが一般的です。私は最初に40万円の投資資金を活用して株式投資を始めましたが、この40万円は文章を売ったお金を貯めました。

一般の社会人であれば40万円貯めるのは難しくないはずです。40万円の投資資金を軽視することはできません。40万円を配当利回り5%の高配当株に投資すれば2万円の不労所得を受け取ることができます。

2万円と言えばちょっとした大金で、美味しいものがたくさん食べられます。

投資資金を増やしてできるだけ多くの株を買うのが長期投資を成功させる秘訣になります。投資資金が少ないことで悩んでいる方もいるのですが、極端な話最初は1000円から株式投資を始めても良いのです。

1000円分株を買っても配当金を受け取ることは可能です。

投資金が増えると多くの株数を揃えることができるので、株価が値上がりしたときに大きな売却益を得ることができます。
例えば投資資金が1000万円ある人が1株500円の株を2万株買ったとします。この場合、1円値上がりしただけで2万円の売却益を得ることができるのです。株数が多ければ少し株価が上がっただけでたくさん売却益を貰えるので、効率的に稼ぐことが可能になります。

配当金収入を狙っている方も投資資金は多い方が良いのです。500円で売られている株の年間配当額が25円の場合、2万株保有している人は50万円の配当金を受け取れます。

しかし、投資資金が5万円しかない人はどうでしょうか?

1株500円の株を100株しか買えないので、株価が1円値上がりしても100円の売却益しか得られません。実際は株を売却するときに手数料がかかるので1円値上がりした段階で株を売っても赤字になってしまうのです。

また、配当金も2500円しか貰えません。最初は2500円の配当金が貰えれば十分なのですが、配当額に満足できない方も多いでしょう。そういう方は投資資金を増やしてたくさん株を買ってください。

株式投資で大きく儲ける原理はとても単純です。投資資金を増やして株をできるだけ多く買えば良いのです。

最初から投資資金を1000万円用意しろとは言いません。投資資金が100万円以下でも株式投資を始めることは可能です。しかし、大きく儲けたいのであればある程度の投資資金は必要だと思ってください。

私は40万円の投資資金を利用して配当金収入と売却益で得たお金を再投資に回し、2年後に投資資金を8倍に増やすことができました。再投資を通じて株数を増やし、更に収入を高める好循環を築いたから投資資金を多く増やすことができたのです。

株式投資の利益を再投資に利用したくないと考えている方は自分の好きなことに利用しても良いです。しかし、投資資金を増やし続ける努力を怠ると不労所得はなかなか増えません。

成長株を買って大きく儲けるという手段も存在しますが、成長株投資もできるだけ多くの投資資金があった方が有利です。40万円の投資資金が2倍になっても80万円にしかなりませんが、1000万円の投資資金を2倍にすれば2000万円になります。

株式投資で勝つ方法を学んだ後は投資資金を増やすために知恵を絞ってください。私はたくさん働いて投資資金を少しずつ増やしていきましたが、最初は泥臭い方法で投資資金を増やしても良いのです。

不労所得生活を実現したければ投資資金を増やすという課題をクリアしなければいけません。それが難しいと主張する人もいらっしゃいますが、株の再投資を行えば簡単に投資資金を増やすことができます。


スポンサードリンク