単元未満株【たんげんみまんかぶ】

LINEで送る
Pocket

単元未満株(たんげんみまんかぶ)とは、取引単位に満たない株を指します。

例えばA社の1単元が1000株だと仮定します。

プチ株やS株などを活用してA社の株を500株だけ購入したときは「単元未満株」になります。

その名の通り、1単元に満たない株数は全て単元未満株として扱われるのです。

単元未満の株を購入すると議決権を行使することができないのがデメリットになりますが、大したことがないデメリットです。配当金を受け取ったり、株を売買したりすることは可能なので「投資資金が少ない内は単元未満株を購入する戦略」を実行して問題ありません。


また、投資資金が潤沢な方も「単元未満株を利用して投資銘柄を分散する」という方法を選択することも可能です。

株主優待を受け取りたい場合、「単元株」を購入するのが重要になります。

例えばB社は「1単元が100株となっており、100株以上の株主に対して500円のクオカード」を株主優待としてプレゼントしています。この場合、株主優待を受け取る条件が「1単元以上の株を保有する」のが必須になるため、99株保有しても株主優待を貰うことはできません。

株主優待が欲しければ単元未満株投資はお勧めできません。

ただ、銘柄によっては「単元未満株でも株主優待が貰える株」も存在するので、少ない投資資金で高リターンを狙う投資家は「単元未満で貰える株主優待株」を探しても良いでしょう。

単元未満株を購入するのは悪い戦略ではありませんが、大した利益にならないのも事実です。

例えば1株300円で売られているB社の株があるとします。この株を1株だけ購入するのは口座を開設している証券会社によっては可能ですが、B社の株価が2倍になって株価が600円まで上昇しても1株しか持っていないと「300円の利益にしかならない」のです。

そのため、より多くの売却益を狙いたければ株数を揃えることが重要になります。

配当金戦略に関しても同様で、配当金をたくさん受け取りたければ「たくさん株を購入する」のが1番良いのです。特にお勧めなのは配当利回りの高い株をたくさん購入することで、単元未満で株を入手しても多大な配当金収入を期待することはできません。

単元未満株にこだわるのは「投資資金が少ない人向けの戦略」です。

より多くのお金やリターンを期待したければ投資資金を増やした方が良いのです。ただ、株式投資を始めたばかりの人は多額の投資資金を株につぎ込むのではなく、「様子見といった形で単元未満単位で株を買う」のがお勧めです。

そうすれば大きな損失を抱えることはないからです。


スポンサードリンク