投機株

LINEで送る
Pocket

投機株とは、投機の対象になっている株のことを指します。

投機の対象として売買されている株は大抵の場合、決算状態が悪い株です。株価が急激に値上がったり値下がったりするのが投機株の特徴になります。


長期投資で儲けたいのであれば投機株に手を出すべきではありません。投機株はデイレードを主軸にして稼ぐ人にとっては良い株ですが、長期投資で儲けるのに適した株ではないのです。投機株で儲ける手段は決まっており、「売却益を狙う」ことに特化した株だと言えるのです。

投機株は資産株になりません。

資産株と投機株は正反対の存在です。資産株は長期投資に適した優良株ですが、投機株は「長期保有に適していないから投機の対象になる」のです。

1円で売買されている株は投機の対象になっていることが多いのですが、これも1円単位で株価が値上がると大きく儲けることができるから投機の対象になっているだけです。常識的に考えて1円で売られている株が健全なわけがありません。

10円以下の株は財務状態が最悪で上場廃止寸前であることが多いのです。

【初心者は投機株に手を出さない】

初心者の方は投機株に手を出さない方が良いでしょう。投機株で儲けることができる人は凄腕のデイトレーダーか、経験豊富な投機家に限られます。初心者も参入しやすいのが投機株の特徴になりますが、何も知らない初心者が投機株に手を出してもほとんど負けます。

また、投機株のほとんどはインカムゲインを狙うことができません。配当金を支払わなかったり、赤字続きで株価が低迷していたりする場合、その株は投機の対象になりやすいのです。

たまにどうしようもない株が急激に値上がりしているときがありますが、それは投機家が株価を動かしていることが多いのです。明るいニュースがないのに株価が急上昇するのは投機株がマネーゲームの対象になっているからです。

株を始めたばかりの初心者の方ほど安定は儲けられる株を買うべきです。

大切な資産を減らしたくないと考えている方は投機株ではなく、安定した経営を維持している優良株を購入してください。財務状態が良い会社は意外と多く存在するので、リスクの高い投機株にわざわざ手を出す必要はないのです。

より確実に安定して儲けたければ「投機株に手を出さず、優良株の長期投資に徹する」ことを忘れてはいけません。

 


スポンサードリンク