東証1部

LINEで送る
Pocket

東証1部とは、東京証券取引所が設置した株式市場のことを指します。


東京証券取引所には3つの株式市場が存在し、東証1部、東証2部、マザーズとランクが分けられています。

東証1部に上場するのは一種のステータスのようなものであり、東証1部に上場しているだけで会社の知名度と信頼が高まるというメリットがあります。しかし、東証1部に上場するための規定は厳しく、望んだからといって東証1部に上場できるわけではありません。

様々な条件をクリアしないと東証1部上場企業になることができないのです。

東証1部はサッカーで例えるとJ1みたいなものです。JリーグではJ1とJ2に所属するチームで分けられていますが、J1に所属しているチームの方が強いという法則があります。東証1部も同じで、東証2部よりも東証1部の方が企業として強いことが多いのです。

資本力があったり、多くの株主に支えられていたり、時価総額が多かったり、様々な条件をクリアした企業だけが東証1部に名を残すことができるのです。

野球で言えば東証1部は1軍で、東証2部は2軍になります。野球でも1軍の試合は注目されますが、2軍の試合はあまり注目されません。株式市場も同じで、東証1部に上場しただけで会社の注目度が高まるのです。

【東証1部に上場するための条件】

東証1部に上場したければ次の条件をクリアする必要があります。

・株主数が2200人以上必要。

・流通株式が2万単位以上。

・時価総額が20億円以上。

・最近3ヶ月やその前の3ヶ月の毎月の平均売買高が200単位以上であること。

・株式全体の時価総額が40億円以上。

・単体純資産の額が負になっていない。

・連結純資産額が10億円以上。

その他にも不正行為がないか、利益額が正常であるかという条件も厳しくチェックされます。上記の条件を全てクリアするのは簡単なことではありません。難しい条件だからこそ、東証1部上場にはステータスがあるのです。

【東証1部に上場するメリット】

1,会社の信頼度が高まる

東証1部上場企業は世間的に広く認知されている会社が多く、東証1部に上場しているだけで会社の信頼度が高まるという効果があります。

これは信頼が利益に繋がる業種では特に重要です。不動産業や金融機関は顧客からの信頼が重要になるので、東証1部上場を達成して幅広い信頼を集めるのは利益を拡大するために重要となるのです。

2,会社の知名度が高まる

東証1部に上場するだけで会社の知名度は飛躍的に高まります。

東証1部を達成するのは世間的な大ニュースになるのです。

どういう業種の会社が東証1部上場を成し遂げたのか?という形で投資家からの注目も集まるので、東証1部に上場するメリットは大きいと言えるでしょう。

会社の知名度が高まれば自社商品にも注目される可能性が高いため、売上の増加が見込めます。売上を高めたければ広告や自社アピールが重要になりますが、東証1部上場はコストパフォーマンスの良い自社の宣伝方法になるのです。


スポンサードリンク