単元株

LINEで送る
Pocket

単元株とは、株式取引で売買される「取引単位株数」を指します。


上場企業によって単元株数は異なります。通常、株は「単元株」で取引するのが一般的です。

1単元が100株の場合もあれば1000株の場合もあり、1単元が1株というパターンもあります。(例、名証セントレックスに上場しているノアは1単元が1株単位で売買されています)

例えば1単元が1000株の会社の株があるとします。

この場合、通常の取引では「1000株単位」で取引するのが普通です。株価が500円で1単元数が1000株だと50万円の投資資金が必要になるのです。

1000株単位で取引するのでもっと株を買いたいと思ったら2000株、3000株といった形で取引注文を出さなければいけません。

私の個人的な感想を述べると「1単元が100株に設定されている株」の方が株を取引しやすいと感じています。

1単元が1000株に設定されているとどうしても多くの投資資金が必要になり、出来高が少なくなる傾向があるようです。

 

出来高が少ないと自分の売りたい価格で株を売って取引が成立するのが難しくなるので、「1単元が1000株」というのはあまり良いことではありません。

1単元の株数を少なくすればその分個人投資家を多く呼びこむことができるので、株式の流動性を確保することが可能になります。更に自社の知名度も高まるので「1単元の株数は少なければ少ないほど良い」のです。

株式発行会社は単元を自由に変更することができます。

元々1単元を設定するのは自由で、単元数が1000株、500株、200株、100株、50株、20株、10株という風に決めている上場企業が数多く存在しました。

しかし、1単元がバラバラだと投資家の利便性を損なうので、「現在の売買単位数を1000株か100株に変更する試み」が行なわれたのです。その結果、単元株は1000株、100株が多くなりました。

今後は単元株を100株に統一して「分かりやすくする」ことを証券取引所は発表しています。個人的にこれはかなり良いニュースだと思います。

株式投資初心者は「なぜ株によって単元数が違うのか?」と疑問を抱くことが多々あります。

最初から100株に単元数を統一すれば必要な投資金額も分かりやすくなり、株式の流動性も確保できるので全ての上場企業が100株単位に移行することを望んでいます。


スポンサードリンク