覚えておきたい株の専門用語

LINEで送る
Pocket

株式投資を始めた方は、よく使われる株の専門用語を覚えることをお勧めいたします。


株の専門用語はたくさん存在し、全部覚えるのは面倒くさいと感じる方がほとんどです。正直なことを言ってしまうと、株の専門用語は全部覚える必要はありません。むしろ覚える必要のない単語の方がほとんどなので、よく使う専門用語だけ覚えておけば良いのです。

株の専門用語を覚えれば、株式投資について解説している本の内容が理解できるようになります。また、他の投資家との交流を望んでいる方は掲示板を利用しましょう。掲示板を活用して情報交換する際も株の専門用語は頻繁に出てくるので、基本的な意味を覚える必要があるのです。

【これだけは覚えよう! 株の基礎用語】

1,配当利回り

配当利回りは長期投資家の人と話していると、頻繁に耳にする単語になります。

もし、あなたが長期投資家として活躍したいのであれば、配当利回りという言葉は覚えておいてください。特に配当金収入を重視している人は配当利回りの高い株を探し出す必要があるので、単語の意味を知らないと行動することもできないのです。

配当利回りという単語はヤフー掲示板などでもたびたび見かけることができます。

「この会社は配当利回りが高くて良いね!」

「配当利回りも良いし、財産株として買っちゃおうかな」

上記のように、株式投資について語るときは専門用語が頻繁に使われるのです。

基礎用語を覚えておくと、本を読んだときに「作者は何を伝えたいのか?」と考えることができます。長期投資について書かれている本を読むと、配当利回りという単語は頻繁に出てくるのでぜひ覚えておいてください。

2,株価

株価という単語の意味を知らないと、株式投資のサイトを見ても全く意味が分かりません。

しかし、株価は単純なようで難しく、「誰が株価を決めているのか?」という問いに答えられない人も意外と多くいらっしゃいます。

株価の意味は誰でも知っているように思えますが、株価を深く考えると様々な疑問が浮かびます。

・なぜ株には株価がつけられるのか?

・株価が動く理由は何か?

・誰が株価を決めているのか?

上記の問いに全て答えることができたら、なかなかコアな知識を身につけていると言えるでしょう。簡単なようで難しい。それが基礎知識です。

3,売却益

売却益は少し専門的過ぎる単語になります。

一般の方が「売却益」という単語を目にすることはほとんどないのです。しかし、株式投資を始めると売却益という単語は頻繁に見かけるようになります。

株式投資のコミュニティに参加すると、売却益を狙っている人が多いことに気づきます。ほとんどの人が売却益を目的にして株式投資をしているので、売却益の意味を知るのは非常に重要となります。

上記の専門用語は「他の投資家と交流する際によく使われる」という特徴があります。

頻繁に使われる専門用語ほど重要性が高いので、しっかりと意味を理解する必要があるのです。


スポンサードリンク