デイトレードは勝ち組の戦略ではない

LINEで送る
Pocket

「手っ取り早く儲ける!」ということを意識するとデイトレードが1番のように思えますが、デイトレードは勝ち組が行なう戦略ではありません。


デイトレードで儲けるのが難しいという事実も存在しますが、そもそもデイトレードは「自分が働いて収入を得る手段」になるため、投資にはならないのです。

デイトレードという言葉を言い換えると「株価の上げ下げを予測する労働」になるため、不労所得を手に入れたいと願っている方はデイトレードを行なわない方が良いです。

お金持ちになりたければお金持ちの行動を参考にするのが1番ですが、お金持ちと呼ばれる人々はデイトレードに手を出しません。

理由はとても単純で、「自分が働かなくてはいけないから」です。

毎日株価をチェックして株を売買するのは完全なる「労働所得」です。労働所得が悪いわけではありませんが、デイトレードは必ずプラスになるとは限りません。マイナスになる可能性も十分にありえるのでリスクを加味すると普通に働いた方が良いと思います。

私が推奨したいのは「働きながら株式投資でお金を稼ぐ」という手段を実行することです。

中期投資、長期投資を行えば株を保有しているだけで勝手に利益を生み出してくれるので、仕事が忙しい人にも向いている投資スタイルです。

デイトレードだけでお金を稼ごうとすると「朝から昼間、仕事をしないでずっと株取引しないと儲けられない」ので普通に働くのが困難になります。

デイトレードで必ずプラスになるのであれば「デイトレードで儲けるのも良いですね」と言えるのですが、マイナスになるリスクを加味すると働いた方が良いです。

絶対に働きたくないと考えている方はますますデイトレードに向いていません。

デイトレードは株価の上昇を予測する「労働」になるので、働かないで不労所得を得る手段を模索するのがお勧めです。

現実的に考えて、デイトレードだけで生計を成り立たせようとするのは無謀です。

値動きの激しい株を購入すれば投資資金が少なくても1日で何十万も儲けることができますが、逆に何十万も1日で損するリスクもあるのです。デイトレードで勝ち続けている人は一部の天才投資家だけで、大抵の人間はデイトレードを始めると負けます。

デイトレードは非常に厄介な投資法で、「値動きの激しい株」を売買しなければ売却益を得ることはできません。

値動きの激しい株の大半は致命的な弱点を抱えており、「物凄く割高だったり、上場廃止も危ぶまれるボロ株だったりすることがよくある」のです。

こういう危険株に投資して毎日取引を続けるよりも、値動きの緩やかな優良株を購入してじっくりと長期保有した方が時間の節約になります。

毎日株価を追いかけてお金を稼ぐことができれば良いのですが、お金を稼ぐことができなければ「極めて無駄な時間」を過ごすことに繋がります。

「人生は短いのだから、できるだけ有意義な方向で時間を使いたい」と考えている方はデイトレードに手を出さないでください。

株式投資の魅力は「時間をかけないでお金が儲けられる」という点です。

配当金を支払ってくれる優良株を長期投資すれば配当金&売却益を得ることができますが、デイトレードだけを行なうと「時間をかけてお金を稼ぐ投資」を実践できないのがデメリットです。

 

「すぐに儲けたい!」という人はデイトレードを実践しても良いのですが、資金がマイナスになるリスクも十分に考慮すべきです。普通に働いたら資金がマイナスになることはないため、私は働いて収入を得ることをお勧めいたします。

デイトレードは時間を消費することが確実で、資金が減る可能性もあるのでリスクが高過ぎるのです。


スポンサードリンク