バリュー株投資法【割安株投資法】

LINEで送る
Pocket

【バリュー株投資法(割安株投資法)】
(最高評価は★5です)

お勧め度 ★★★★★

バリュー株投資法とは、現時点で割安な株を見抜いて投資する戦略になります。


私が1番お勧めしたいのが「割安で成長を続けている株に投資すること」です。

過去の私の取引実績を見て貰えると分かると思うのですが、ほとんどの株が現時点で割安な状態です。

バリュー株投資法は「長期投資に向いている」というのが一般的な意見ですが、私は短期売買でもバリュー株投資を行なっても良いと思っています。

短期間で利益を得たい場合「株価の上げ下げが激しい株」を購入するのがセオリーですが、投機株に手を出して負けたら元も子もありません。

 

しかし、含み損を抱えても問題のない株を買ったらどうでしょうか?

 

PER値が10倍以下でPBR値が1倍以下の株を買うのがお勧めです。この場合、株を買ったときに短期間で株価が向上したら「株を売却して他の株に乗り換えても良い」ですし、そのまま株を保有して長期投資を実行しても良いのです。

私は短期売買を行なうときの保険で割安株を購入することがよくあります。

現時点で割安な株の株価が下がっても「今以上に割安になるだけ」です。

割安力に長けている株はいずれ株価が回復するので塩漬けにしても問題がないのです。更に「長年利益額を伸ばし続けている」という特徴があればグッドです。

含み損を抱えても心配しないで株を長期保有するのがお勧めです。

「短期売買目的で割安株を買い、含み損が出たら中期投資・長期投資に戦略を切り替える」という手段を取ることができるのです!

これは負けない株式投資を実践するのに有効な戦略で、この戦略を採用すると負けなしで連勝街道を歩むことができます。

「割安な株価はいずれ回復する」というセオリーを意識し、株を保有し続ければ含み損に怯える必要はありません。含み損を抱えたまま時を過ごしても「配当金」を受け取ることができるので、結果的に利益を出すことは可能です。

勿論、バリュー株投資法の基本戦略は「長期投資」ですが、別に長期投資にこだわらなくても良いと思っています。

 

これは逆転の発想になりますが、「含み損を抱えることを想定して割安株を買う」という戦略がお勧めです。

 

要するに含み損を抱えても問題がないように「持続的成長を遂げている割安株に投資する」のです。

持続的に利益を伸ばしているのですから長期保有する心配はありません。短期間で株価が値上がりしたら売却して利益を確定し、他の株に乗り換えれば良いのです。

割安で利益額を伸ばしている株は沢山存在しますから。

「短期投資に失敗したときの保険」として割安株を狙うのがお勧めです。

割安株に投資すると「割安感が株価の減少を抑えてくれる」ということがよくあるため、守備を固めて絶対に損を出したくない人に適した投資戦略になります。

割安株の大半は注目されていないので「株価の動きが緩やか」なのがデメリットです。


割安株は短期売買に適していないパターンがほとんどですが、これはメリットとして捉えることも可能です。

株価の動きが緩やかだから日々の株価に気を取られる必要がないのです。本業に集中したいサラリーマンやストレスを溜めずに株式投資を行ないたいと考えている投資家は「値動きの緩い割安株」はかなり大きな利点になります。

株の買い時は「割安感が漂っているとき」です。

・PER値は10倍以下

・PBR値は1倍以下

・持続的成長を遂げている株

・財務状態が優良ならなおよし(自己資本比率が高く、有利子負債が少ない株)

・拡大戦略を練っている会社

以上の5つの条件を満たしている株はバリュー株投資を実行する価値が高いです。

 

株の売りどきは「割安感が薄れたとき」です。

PER値やPBR値が割高になったときに株を売却するのがお勧めです。

バリュー株投資は初心者でも儲けられる優れた戦略になるため、「株式投資で負けたくない!」と考えている方はバリュー株投資法を実践してください。


スポンサードリンク