株式投資で抱えるストレス

LINEで送る
Pocket

株式投資を長く続けていると、思ったよりも利益が出ずにストレスを抱えてしまう事態も考えられます。株式投資を楽しむためにはストレスをある程度許容する必要があるのです。株式投資で溜め込んだストレスは、上手く発散する方向に持っていくのが一番建設的になるでしょう。

株式投資でストレスを感じやすいときは、自分の持ち株が値下がりしてしまったときです。確かに自分の財産ともいえる株の価値が減少してしまうと、多くの方は良い感情を抱きません。このまま株を保有していいのか? それとも売却したほうがいいのか?と、思い悩んでしまうケースは多々存在するのです。

しかし、株価の減少で頭を抱える必要はないのです。デイトレードであれば別ですが、長期投資に徹している方は株価の下落は必然であると考えてみてください。

株式投資のストレスを緩和させるためには、楽観的に考えることが一番大切になるのです。また、プライベートと株式投資を切り離して考えるのもお勧めです。株式投資で溜まってしまったストレスは別の方向で発散するのがいいでしょう。

株式投資を長く続けた結果、株式投資に対するストレスがほとんどなくなったという方もいらっしゃいます。語弊がある言い方かもしれませんが、株式投資にリスクはつきものです。そのリスクを受け入れられるようになればストレスが溜まる機会も大幅に減少していくでしょう。

株式投資で溜まってしまったストレスは自分の中に潜めておくのではなく、外に発散するように努めるのが一番良いのです。

 


スポンサードリンク