投資金額の変動がストレスになる

LINEで送る
Pocket

株式投資でストレスが溜まると感じている方のほとんどは、自分の投資金額が変動することによってストレスを溜め込んでしまうのではないでしょうか?

せっかく投資したお金が簡単に値下がったり値上がりしたり安定しない状態が続いたら、ストレスは確かに溜まります。これは株初心者の方に多いのですが、自分の資産価値を気にしすぎてしまうという傾向があるのです。

現在の投資資金を把握するのは決して悪いことではありません。

悪いことではありませんが、投資金額の変動に一喜一憂しているとやがて疲れてしまいます。心が疲れてしまうと株式投資を続けるモチベーションも減退してしまうので、株価が動くのをあまり気にしないのがお勧めです。

投資金額が変動するのは、株式投資をしていれば当たり前であると捉えるのがお勧めです。

つまり、気にしないのが一番良いのです。

たとえ含み損を出していたとしても、最終的に利益が出せれば問題ないのです。また、利益が出ている状態ですぐに株を売却するのは良いことではありません。自分の保有株は将来性が高いという理由で投資したのであれば、もっと値上がりするまで待った方が良いのです。


投資金額が変動し続けることによってストレスを感じる方は、まだ株式投資に慣れていない方が多いのです。逆に言えば株式投資を長く続けて、投資金額の変動に慣れてしまえば何の問題もありません。

始めたばかりの頃だと様々なことが気になって、ネガティブな感情を抱いてしまうときが多々あります。

そういうときはあまり気にしないように努めるのが一番なのです。

ストレスを溜め込んでも良いことはないので、たまには株式投資から離れて思う存分遊んだ方が良いでしょう。何も焦る必要はないのですから。


スポンサードリンク