株式投資でノイローゼになったときの対処法

LINEで送る
Pocket

株式投資でノイローゼになる人も現実にいらっしゃいます。


一般的に株式投資が嫌になったり生きるのに疲れたりすると人はノイローゼになってしまいますが、特に原因として多いのが「株式投資で負けまくったとき」です。何度取引してもすぐに含み損を抱え、損切りを繰り返しているとよほどメンタルが強くない限りノイローゼになります。

 

そもそも株式投資は自分が儲けるためにやるものです。

 

儲かる=勝ち。と定義して構わないのですが、儲からない状態が続くとストレスを溜めてしまうため、株式投資を嫌になってしまう気持ちは分かります。

儲かっている状態ですらストレスが溜まるのが株式投資なので、何をしても上手くいかない人は株式投資を休止するか投資手法を見直した方が良いです。

 

私の株式投資の実績を明かすと、取引手数料や税金などを全て差し引いても大幅なプラスになっています。

 

しかし、正直なことを言います。めちゃくちゃストレスが溜まります。

 

さすがにノイローゼになるほどストレスは溜まっていないのですが、「なぜこんなにもストレスが溜まるのだろうか……?」と考えたときに気づきました。

 

株式投資は他者と比較するからストレスが溜まるのです。

 

例えば自分が株式投資で1万円儲けたとします。

私から言わせて貰えば1万円儲けるのも立派です。1万円という金額であっても「株式投資で儲けた」という事実は変わらないですし、この1万円の利益を積み重ねれば少しずつ資産を増やすことができるからです。

 

しかし、他人と比べると株式投資を続けるのが嫌になります。

 

投資金額が多い人や投機株に手を出している人は「1回の取引で数十万、数百万稼ぐこと」が頻繁にあります。1万円なんて鼻で笑われてしまうレベルなのですが、株式投資で荒稼ぎしている人と比較したら自分の取引があまりにもちっぽけで嫌になってしまうことが多々あるのです。

株式投資でいくら勝ち続けても「他人と収益額を比べている時点」で、ストレスは溜まる一方です。

 

勝ち続けていたらまだ良いのですが、負けが続いて何も上手くいかないときは十中八九、ノイローゼになります。株式投資よりも人生に対して絶望感を抱き、「もう何もかも終わらせてしまいたい」と考える人も少なくありません。

 

個人的な意見を述べれば「人生や株式投資に絶望しているときほどメンタルを鍛えるチャンス」だと思うのですが、多くの人は1度深刻に落ち込んでしまうとカムバックする意欲を失ってしまいます。

他人と収益を比較して株式投資が嫌になってしまったり、負け続けて資産が大きく減少したりするとノイローゼになるリスクを避けることはできません。

 

こういうときは何もしないでください。

 

株も取引しないで良いです。とにかく寝てください。

 

私は、「株式投資は考え方によっては勝ち続けていてもストレスが溜まる」と公言していますが、この言葉は事実です。

結局儲けるために株式投資を続けているのですから、株式投資で儲けた金額が少ないだけでストレスが発生するのが人間の厄介なところです。(実際は損失を出さないだけ立派なのですが……)

 

ノイローゼになってしまうと理知的な判断を下せなくなり、「消極的に株を売買すること」が多くなるため、ノイローゼ状態で株式投資で勝つのは難しくなります。何もかも嫌になってしまったときはとにかく寝て、ストレスを解消することをお勧め致します。

 

株式投資は真面目な人ほどノイローゼになりやすいです。

 

真面目だから株式投資の結果が気になる



株式投資の結果を気にしすぎてノイローゼになる



ノイローゼになると株式投資が上手くいかなくなり、全ての物事が嫌になる

 

この流れに入ってしまったら株式投資を続けるのは危険です。病院に行くか、「よく休んでストレスを解消する」という手段を取ることをお勧めいたします。


スポンサードリンク