自分が悪いと認めれば心は楽になる

LINEで送る
Pocket

株式投資でストレスを溜めまくっている人は「自分が悪いと考えるマインド」を身につけることをお勧めいたします。

 

心理学者のアドラーは「他人に期待しない生き方が良い」と述べていますが、私もアドラーの意見に同意します。


これは株式投資に限った話ではないのですが、悪い結果が出たときに他者に責任転嫁してもストレスが溜まるだけなんですよ。

 

例えば自分が購入した株の株価が下がり続けていたとします。

 

大抵の人は「会社の対応」や「会社の経営」について叩くことが多いのですが、そういう人は投資家に向いていません。

 

投資家は常に「どんな結果が訪れても自分の責任」だと考えなければいけず、結果を素直に受け止められない人は株式投資で負けると大きなストレスを溜めてしまうのです。

 

「会社が糞だから株価が下がるんだ!」と怒る気持ちは分かりますが、その株を買ったのは誰ですか?という話なんですよ。

 

多くの人は悪い結果を見たときに自分の責任だと認めたくない傾向があります。

 

「自分が悪いと考えず、人に責任を押し付ける人間」は成長を望むことができず、ストレスも溜まりまくるので全ての責任の存在は自分にあると考えた方が良いのです。

 

人に責任を押し付けるのって、ただの逃げなんですよ。

 

自分の出した結果を素直に認めず、「あの人が悪い」と言っても本当に意味がないんですね。

私も10代の頃はそのような考え方に取り憑かれていましたが、ストレスがありえないほど溜まるので考えを改めました。

 

人を恨む。社会を嘆く。会社を憎む。悪い結果を他者に押し付ける。

 

これらは全て自分のストレスが溜まる原因になります。

 

最初から他人に期待せず、全ての結果は自分の責任だと割りきってしまえば意外と楽になります。なぜなら「全ての事柄は自分によって決まる」と考えることができるため、世の中を恨んだり他人を妬んだりすることがなくなるからです。

 

人に責任を押し付けて自分が楽になるのであればそれも良いのですが、経験上「更にムカつくだけ」なので他人を恨んでも何のメリットが生まれないことを理解する必要があります。

 

この考え方は株式投資でも仕事でも活用することができます。

 

良い結果が出たときも悪い結果が出たときも全て自分の責任です。

 

最初から「人に期待しないこと」を心がけていれば、全ての結果は自分の責任であるという思想を身につけることができるので心がとても楽になるのですね。

 

他人に期待して期待通りにいかなかったらムカつき、ストレスを溜め、「あいつがもっと頑張ってくれたら!」と怒りを露わにしても人生は楽しくならないんですよ。

 

どのような結果が訪れても全ては自己責任であり、自分が悪いと考えると本当に心が楽になります。

 

「良い結果が出たときは自分が凄いから」だと考える人もいらっしゃいますが、より成長したければもう一歩踏み込んだ考え方を身につけた方が良いです。

 

「悪い結果が訪れたときは自分の責任だと考え、良い結果を出せたときは他人のお陰」だと考えるのが1番良いです。

 

この思想の素晴らしいところは「悪い結果を真摯に受け止めることができ、他人に対してストレスを溜めることがない」という部分です。

 

更に良い結果が出たときは支えてくれた周囲の人々のお陰だと考えるため、自分が慢心することがなくなります。

 

「結果を出しているのは俺が素晴らしいからだ!」と考えても良いのですが、このような思想を抱いているとどんどん客観性を見失い、自分が調子に乗ってしまう原因になるのでお勧めできません。

 

「良い結果が出たときは他者に感謝する」のがお勧めです。

 

例えば配当金を貰ったときは会社に感謝した方が良いです。

 

従業員の方々が頑張って働いてくれたから配当金を貰えるのであり、「汗と涙の結晶」である配当金を受け取ったときはお金にも感謝の心が湧き上がります。

 

不思議なことに、人に感謝しているときは嫌な気分にならないんですね。

 

こういうことを言うと「宗教臭い」と批判されるかもしれませんが、ストレスを溜めたくなければ人に感謝する習慣を身につけた方が良いです。

 

しかし、普通に感謝するのは難しいと思うので、株価が上がったり配当金を振り込んで貰ったりしたときは「会社で働く人々が頑張ってくれたら利益を得ることができました。ありがとうございます」という形で感謝することをお勧めいたします。

 

悪い結果は全て自分で受け止め、他者を責めないのが1番良いのです。

 

良い結果が出たときは今までサポートしてくれた人に感謝し、利益を還元するのが最高です。

 

この2つの原則を守れば人が離れることはありません。更に自分自身も「他人に対してイライラすることがなくなる」ので、自己責任論を深く理解すればメリットだらけということに気づくはずです。

 

株式投資でストレスが溜まっている人は自分の思想を見直すことをお勧めいたします。


スポンサードリンク