株式投資を休むのも大切

LINEで送る
Pocket

ストレスを溜め込みすぎないために、株式投資を休むのは重要になります。

短期間に何度も株取引をすると心と体に疲労が蓄積されてしまうのです。

それは自身にかかるプレッシャーが大きいと考えられます。

どうしても利益を出したい!という強い勝利意欲はとても重要ですが、プレッシャーに負けてしまうと思うような利益を上げられなくなってしまいます。株式投資で勝ち続けるためにはオンとオフの切り替えを明確にして、休むときはきっちりと心を労わる必要があるのです。

そもそも自分にストレスがかかる投資はお勧めできません。本当に信じることのできる株を買えば株式投資で疲れることはなくなるのです。

自分にとって信じられる株とは何でしょうか? まずはそこから考えてみるのも面白いかもしれません。

長期保有しても安心な株。利益を出しているから、これからも成長が期待できる株。有能な社員が揃っている会社の株。このような株は理想的であると言えるのです。

逆にストレスを溜め込んでしまう株も存在します。株価がなかなか安定せず、今期の利益も予測できないような銘柄は保有しても不安が募ります。

株式投資が嫌になったときは、いったん株式投資から離れるのがお勧めです。一時的に株式投資から離れても大丈夫です。またストレスが解消されたときに株式投資を始めた方が、良い結果を生み出す可能性が高いのです。


専業のデイトレーダーになってしまうと株式投資を休むのは難しくなってしまいます。

しかし、副収入を得ることを目的としている場合、いつでも休むことができるのであまり自分を追い詰めないように気をつけましょう。

今利益が出なかったとしても、不安を抱える必要はありません。将来的に大きく儲ける可能性は残されているのです。現在の結果に振り回されず、休むときは休むという意識を抱き続けてください。

一流の投資家は株式投資のストレスに振り回されることはないのです。

 


スポンサードリンク