不労所得を手に入れればストレスは激減する

LINEで送る
Pocket

ストレスが溜まって仕方がないという方は、不労所得を手に入れることを重視しましょう。


極端な意見ですが、お金がないからストレスが溜まるのです。お金持ちの人よりも貧乏人の方が精神病になる可能性が高いというデータがあります。

しつこいようですがもう1度言います。

「お金がないから不安になってストレスが溜まる」のです。

この事実を覆すことはできません。

不労所得が存在せず、労働所得だけで生計を成り立たせている方のほとんどはストレスの塊に悩まされています。安定しない生活に希望を見出すのは難しいですし、自分が働かないと生活できない状況はストレスを溜める元凶になります。

もし、あなたが金銭面でストレスを溜め込んでいるのであれば不労所得を増やすことを意識してください。

株式投資が原因でストレスを溜める可能性もありますが、配当金収入が得られるようになればストレスは激減します。働かなくてもお金が入金される状態を作ってしまえば精神的に楽になれるのです。これは私自身の実体験から話をしています。

不労所得とストレスは意外と密接に関わっており、不労所得が増えるほどストレスが軽減するのです。考えてみたら当たり前の話で、大抵の人は金銭面に関して悩みを抱えています。株式投資を通じてお金に関する悩みを減らせばストレスが激減するのは当然のことなのです。

ストレスから逃れたいと思っている方は不労所得を増やしてください。

それも、働かなくても生活できるくらい不労所得を増やすことができればストレスは一気に消え去ります。

とある精神科医が「働かなくても生活できるだけの大金を手に入れれば、精神病のほとんどは治る」という意見を述べていましたが、私もこの意見に賛同します。お金がなければ心の平穏は掴めないのです。

もちろん、お金があっても幸せになれるとは限りません。しかし、不労所得を増やせば「将来生活できなくなる不安」から解放されます。これは大きなメリットです。

【不労所得がない人生は綱渡りをするようなもの】

不労所得がゼロの状態でも生きることは可能です。しかし、非常にリスクの高い人生を歩んでいる事実は拒めません。自分が働けなくなったら収入がゼロになるのです。このような人生は綱渡りをしているのと同じです。


綱渡りをしているときは自分が綱から落ちないように必死にバランスを整える必要があります。バランスを取るのに必死で今という時間を楽しむこともできません。ピンチが迫っているのに楽しむことを優先すると綱から落ちてしまいます。

綱から落ちる。それはすなわち、死です。

不労所得を手に入れるのは「心に余裕を与える」のと同じだと思ってください。不労所得を増やせば増やすほど、綱が太くなるのです。働かなくても生活出来るだけの不労所得を手に入れれば、綱は道になって座ることができるようなります。

綱渡りをやめて道に腰掛けると、今まで気づかなかった景色が見えるようになります。座るほど余裕があれば心を休めることができますし、新しい人生の楽しみ方を模索することも可能になります。

不労所得という存在は心の余裕を生み出す味方になってくれます。

私が配当金狙いの株式投資を勧めているのも、幸せになるために有効だからです。

変な言い方ですが、お金に余裕ができればお金のことを気にしなくなります。使い切れないほどお金があればお金を無理にほしがることはなくなるのです。それは心の平穏に繋がります。

心の平穏がストレスを激減させるので、株式投資を通じて不労所得を得るのは大変重要になるのです。

ストレスを減らしたい方は株式投資で儲けるように努力してください。自分が幸せになりたければ、収入経路を増やして辛い環境から脱出しなければいけないのです。


スポンサードリンク