失恋と株式投資

LINEで送る
Pocket

失恋と株式投資は一見何の関係もないように思えますが、メンタルが左右されるという意味で失恋したときの対処について学ばなければいけません。

一流の投資家はプライベートでの失敗を株式投資に持ち込むことはありません。

例えば、失恋したからといってヤケになり、無謀ともいえる株の売買を繰り返すことは絶対にないのです。プライベートと株式投資を完全に切り離して考えているため、プライベートの出来事を株式投資に持ち込まないようにしているのです。

しかし、多くの方はプライベートで嫌なことがあると株式投資のパフォーマンスに影響を与えてしまいます。

特に失恋したときはその傾向が強いのです。最愛の恋人がいて、恋人との将来を考えて株の長期投資を続けていたが、その恋人と別れてしまって長期投資を続けるモチベーションが保てなくなったという例もあるのです。


その結果、自暴自棄になってしまい出来高の高い株に狙いをつけて今まで取り組んだことのなかったデイトレードを始めるというパターンも存在します。前々からデイトレードをしていればまだ良いのですが、全く未知の分野にいきなりチャレンジしても良い結果が出ることはないでしょう。

しかも失恋したという状況はメンタルもかなり不安定な状態です。そのような状態でお金を動かしても、良い結果に繋がることはほとんどないのです……。

失恋して心が傷ついてしまったときは、少し株式投資を休むのが良いでしょう。失恋で溜まったストレスは株式投資以外の場で発散するのがお勧めです。間違っても精神的に荒んでいる状態のまま、株式投資でストレスを発散しようとしてはいけないのです。


スポンサードリンク