株は女性と同じように付き合うべき

LINEで送る
Pocket

株も女性と似ていると感じることが多々あります。

気分屋の彼女がいる方は、気分的な行動に悩まされることが多いでしょう。


今日はお寿司屋に行こうか?」と言ったとき、「うーん、お寿司は気分じゃない……」と言われつつ、「じゃあ焼き肉とかはどう?」と問いかけると、「お肉って気分じゃないなぁ」と返答されることもあり、とにかく彼女の気分を第一優先にしてデートプランを立てる人も多いと思います。

株も女性と同じで気まぐれなところがあります。

例えば株価が上がったり下がったりするのは「気分屋である証拠」です。

業績悪化などの悪いニュースが流れたわけでもないのに勝手に株価が下がったり、何もしていないのに株価が上がってデレデレ状態になったり、気分屋の株に振り回されたくなければ「いつか機嫌は戻るさ」と悠長に構えれば良いのです。

あれこれ手を出し過ぎると彼女に嫌われることもあるのですが、株も同じです。

株価が下がったときに「どうしてこんな株を買ったのだろう……」と頭を抱えるのではなく、今日は気分が悪いんだなと悠長に判断するのがお勧めです。

来期の業績予測が悪化したり配当金減配のニュースが流れたりしたときが別ですが、普段の株価の値動きに神経を尖らせる必要はありません。自分が疲れますから。

あなたは恋人と長続きする方法をご存知でしょうか?

恋人と長く付き合いたければ、「お互い自然体で接し、相手に過剰な期待を抱かない」ことが重要になるのです。そうすればストレスを溜めないで付き合うことができますし、毎日顔を合わせても喧嘩になることもありません。

株も同じで、期待しすぎなければ良いのです。

安定株を買ったのに株価が下がって含み損を抱えてしまい、ストレスを溜めてしまうのは良いことではありません。「今は機嫌が悪いから株価が下がっているんだな。まあ、配当金収入で含み損をカバーすればいいや」と呑気なスタイルで株を保有するのがお勧めです。

株式投資で儲けたければ「株と長く付き合う」ことを意識する必要がありますが、長く付き合いたければ株に期待しないのが1番になります。

と言ってもお金を増やす目的で株を買っている人は株価の値動きが気になってしまうことが多いのですが、それは「相手に過剰に期待しすぎている証拠」だと思ってください。

私が提案したいのは、「もっと緩く株式投資をやりませんか?」ということです。

特に長期投資ならなおさらです。

長期投資を実行したければ株を長期保有する必要があるため、目先の株価の動向に惑わされるのは良くないです。これは女性の付き合い方と通じるものがあり、「株の機嫌に左右されて自分がストレスを抱えない」というのが大切になるのです。

株式投資で私がお勧めしたいのは優良株を買ったら完全放置を決め込む方法ですが、恋人に対して完全放置を実行すると関係が冷えるのでこれだけは止めた方が良いです。

女性との付き合いが上手くいっている方は、株と上手く付き合うこともできます。

「相手に期待しすぎない」という基本原則を守ることができれば、株を長期保有するのは容易です。株を長期保有することができなくて悩んでいる方は、「女性と同じく、緩いスタンスで株と接する」ことを心がけてください。


スポンサードリンク