エナリス (6079)の株価が急落した原因と問題点のまとめ

LINEで送る
Pocket

私は今、猛烈に悲しい。

 

今回、東証マザーズに上場しているエナリス(6079)がストップ安になって株価が急落したのは、はっきり言って投資家のリテラシーの問題だと思っています。

 

そもそも東京アウトローズWEB速報版が出した信憑性に疑いのある情報を信じて株を狼狽売りしたから、エナリスはストップ安になったのです。

 

この事実が猛烈に悲しい。

 

今回起きたエナリス株急落の問題点について語っていきたいと思います。

 

1,東京アウトローズWEB速報版とエナリスの公式見解に相違が発生

 

株価がストップ安になったのは真意不明の情報を信用した投資家が株を売りまくったからです。

 

東京アウトローズWEB速報版の最新記事を読めば分かるのですが、東京アウトローズWEB速報版は「エナリスに関する疑惑」と述べています。

 

エナリスがニュースリリースで公表しているのは「東京都千代田区平河町のテクノ・ラボ」

東京アウトローズWEB速報版が写真で公表しているのは「茨城県牛久市1419番地のテクノ・ラボ」です。

 

東京アウトローズWEB速報版が書いた記事はあくまでも「疑惑」であり、独自分析と取材に基づいた結果であり、「真実」だと断言しているわけではないのです。

 

私は株式投資.jpで「情報の信憑性は今のところ不明」と述べましたが、なぜ疑惑情報を信じて株を狼狽売りするのでしょうか……。

 

少し、落ち着いた方が良いと思うよ。

 

2,太陽光発電設備を販売しているサニックス (4651)まで株価が暴落している

 

本気でかわいそうだと思ったのはサニックスの株主です。

今回の真意不明な情報によってサニックスもエナリスの影響を受けて株価を大幅に下げており、-42 (-7.43%)まで下落しました。

 

サニックスの株主も「釣られて売った」という可能性も十分に考えられますが、真意不明な情報を信じて株を売買することほど危険なものはないと思っています。

 

もう少し皆、情報に疑問を持った方が良いと思うよ。

 

3,エナリスと全く関係のない日本テクノ・ラボ (3849)まで巻き込まれている

東京都千代田区平河町に所在し、札証アンビシャスに上場している日本テクノ・ラボは緊急ニュースを発表して「当社とは一切関係のないもの」と述べています。

 

これだっておかしな話で、元々エナリスは自社ニュースリリースで「東京都千代田区平河町に所在するテクノ・ラボ」としっかり明記していたのにも関わらず、たまたま東京都千代田区平河町に所在する日本テクノ・ラボが迷惑を被っているのです。

 

名前と住所が近いというだけで……。

 

日本テクノ・ラボが緊急ニュースを出したのは問い合わせが殺到したからだと予測しています。

 

賢明な投資家は情報の信憑性に疑いを持ち、「本当にこの情報は正しいのか?」という観点で本質を見極めようと努力しますが、それすらしないで情報に踊らされて多くの人に迷惑をかけるのはとんでもないと思っています。

 

申し訳ないけど、今回の問題は投資家のスキル不足だと思う。

 

真意不明な情報に対して狼狽し、感情的になって行動するからこういうことになるんだ。

 

私は何度も「売買停止の措置を講じて情報の信憑性を確かめ、株主の利益を保護した方が良い」と述べましたが、こういうことが起きるから売買停止措置は必要なんですよ。

 

疑惑情報を信用してエナリス株を損切りした人も沢山いらっしゃるでしょう。

 

まあ、そういう人は自己責任なので仕方ないのですが、「片方だけの情報を信用して株取引を行なう」という時点で株式投資には向いていないと思います。

 

今回のエナリス騒動は本当に酷かった。

 

ライブドアショックを思い出しました。あのときも日本中がパニックになってライブドアと全く関係のない株まで売られていましたが、それと全く変わりません。

 

投資家はもっと「情報の信憑性」を意識した方が良いと思います。


スポンサードリンク