ミニ株の基本

LINEで送る
Pocket

ミニ株は投資資金が少ない方にお勧めできる投資になります。


ミニ株は1単元の10分の1の値段で購入することができるので、投資資金があまりない人でも株式投資にチャレンジすることができます。

ミニ株制度を利用して効果的に分散投資を行っている人も多く、ミニ株投資法をマスターすればリスクヘッジを上手く行なうことができます。

例えば極洋(1301)という株は1株265円で売られていますが、1単元が1000株なので26万5000円の投資資金がないと購入することができないのです。

しかし極洋はSNBC証券でミニ株対象になっているので、SNBC証券の口座を保有していれば100株から購入することができます。2万6500円の資金があれば極洋株を100株手に入れることができるのです。

投資資金が少ない間はミニ株制度を利用して積極的に株を買い集めてください。投資資金が足りなくて購入するのを諦めていた株もミニ株制度を利用すれば大丈夫です。

1単元の10分の1しか株が買えないとその分配当金も少なくなってしまいますが、最初はこつこつ株を買うことから始めた方が良いのです。

毎月のお小遣いを利用して株を始めたいと思っている方はミニ株が役立ちます。ミニ株も立派な資産になるので、様々な銘柄を手に入れたいときはミニ株を利用するのがお勧めです。

しかし、投資資金が増えてきたらミニ株投資法を止めて単元株投資法に移行するのがお勧めです。特に配当金狙いの方は株数を多く揃えるのが重要になるので、理想を言えば単元株に投資できるくらい資金を投入した方が良いのです。

また、ミニ株はどの証券会社も取り扱っているシステムではないので、証券会社の口座開設は慎重に選ぶ必要があります。現在の証券会社がミニ株を取り扱っていない場合、別の証券会社に口座を新しく開設してください。

株主優待狙いの方はミニ株は不向きです。「単元株を保有している人が株主優待を受け取れる」という条件を定めている銘柄が多いので、株主優待が欲しい方は単元株投資を行なうべきです。配当金狙いの場合、ミニ株でも問題ありません。

ミニ株制度を利用すると少ない投資資金で様々な株を購入することができるので、分散投資を行なうのが簡単です。保有している銘柄が少なくて悩んでいる方はミニ株を通じて分散投資を進めていきましょう。

1つの銘柄に集中投資したい方はミニ株に向いていませんが、様々な業種の株から配当金を受け取りたい方はミニ株投資法と相性が良いのです。

株式投資は他の投資と違い、少ない投資資金でも始めることができるのがメリットです。

ミニ株制度を利用して経済に詳しくなったという人も存在します。会社の決算書が欲しい方や経済について勉強したい方はミニ株を購入して経済がどう動いているのか知ってください。


スポンサードリンク