平尾丈【じげん】

LINEで送る
Pocket

名前 平尾丈

2005年 慶應義塾大学環境情報学部卒業、在学中に2社のベンチャー企業を立ち上げる
2008年 株式会社じげんの代表取締役社長に就任
2013年 東証マザーズ上場
サイト運営ビジネスを行ない、売上高営業利益率48%を叩き出す超高利益企業を立ち上げた男。平尾丈


 

【7期連続増収を達成! 若手ベンチャー起業家として知名度を高めている平尾社長】

平尾社長は株式会社じげんを経営しています。

しげんをサイト運営ビジネスを行なっている会社で、高利益率を保ちながら7期連続増収を達成した今乗りに乗っている新鋭ベンチャー企業です。

じげんを率いる平尾社長は「在学中に1万人に会うという目標を立て、誰もが憧れるような職業の人達と片っ端からコンタクトを取ってきました。

3、4万の人と出会い、「若くても活躍できる場所はIT」だと知った平尾社長は自らITビジネスに切り込んでいった超優秀な経営者です。

私は平尾社長が物凄く優れた経営者だと思っているのですが、それにはいくつかの理由があります。

まず1つ目に、平尾社長がリクルートに入社したときに「10年に1人の逸材」ともてはやされたことです。大企業のリクルートに就職したのも凄いのですが、その中でも将来性を高く評価された平尾社長は行動力に長けた人物です。

ソフトバンクアカデアを通して孫正義氏から「経営術」を学んだ平尾社長は、エリート中のエリートとして活躍しています。

 

「世界初の就職活動専門のソーシャル・ネットワーキング・サービス」というビジネスプランを提唱し、東京都学生起業家選手権で優勝を収めた平尾社長は誰もが認めるビジネスモデルを生み出す力に長けているのです。

会社の将来性はビジネスモデルで決まります。

いくら優秀な経営者が率いていても、参入する分野が斜陽であったり、儲からない業界であったりしたら持続的成長を成し遂げるのは難しくなります。

平尾社長は「成長できる分野」を見極めた上でサイト運営ビジネスに参入した地頭の良い経営者です。

リクルートが主催した新規事業プランコンテストの「New-RING」に出したプランが複数入賞した実績もあり、「優れたビジネスモデルを作り上げるのが得意な社長」と評価することが可能です。

 

【モチベーションは低下したことがない!? 成長意欲溢れる平尾社長】

平尾社長は「モチベーションが低下したことはない」と述べたことがあります。

普通の人間だったらモチベーションが低下することは多々あるのですが、平尾社長はモチベーションが下がったことは一度もないのです。常に高いモチベーションを保ち続けて事業を発展させようとしているから、じげんをマザーズ上場企業まで育て上げることができたのです。

リクルート在籍時も「猛烈に働き続けた」と語る平尾社長は、仕事に対するやる気が半端じゃなく高い人物です。

 

「生活機会の最大化を目指し、インターネットを通じて宇宙をつなぐ場を提供し、持続的発展を遂げる」という基本理念を定めているじげんは、ある意味手堅いビジネスを行なっていると評価することが可能です。

じげんの運営サイトを見れば分かるのですが、どれもニーズが途絶えないサイトばかりです。

転職EXや派遣EXは「転職する人や派遣の仕事を求めている人の需要」を満たしていますし、中古車情報サイトや旅行検索情報サイトなども運営しています。

これらのサイトに共通しているのは「ニーズが潰える可能性が極端に低い」ということです。生活に密着した様々なサービスを提供することにより、じげんは高利益体質を維持しながら発展を遂げることができるのです。

 

月間ユーザーは約700万人で、ユーザー数も伸び続けている状態です。

サイト運営ビジネスは最初は苦労するのですが、軌道に乗ったらトントン拍子で発展していくので「成長しやすいビジネスに参入したこと」に注目すべきです。平尾社長の経営戦略を立案する能力は非常に秀でているのです。

 

【時価総額1兆円を目指す! 平尾社長の大きな目標】

じげんは時価総額1兆円計画を打ち出しており、多領域・多角的にビジネスを展開して複数のビジネスモデルを持つことを戦略として掲げています。

現にじげんは自社グループで証券会社を運営しており、「多角的なビジネス」に挑戦しているのが分かります。

私が特に注目したいのが「ベトナム進出」を成し遂げたことです。


「ZIGExN VeNtura CO.,LTD.」はじげんの海外戦略子会社で、現地向けのインターネットサービスを提供しています。成長著しいベトナムに狙いをつけてインターネットビジネスを行なっているじげんは「国際的な企業」として評価することが可能です。

ここ近年、ITベンチャー企業のベトナム進出が目立ちます。

平尾社長は日本だけではなく、海外にもビジネス展開を果たしてグローバルに利益を受け取る戦略を実施しているのです。

今はまだ1兆円企業と程遠い存在になりますが、順調に業務範囲を拡大していけば1兆円企業を達成するのは夢ではありません。

 

【じげん株は結局どうなのか?】

ベトナム子会社を活用して人件費を減らし、順調に利益額を伸ばしているじげんは成長株投資が適しています。

現在の予想PER値は89.92倍で非常に割高ですが、平尾社長の能力を十分に発揮すれば今以上に成長を遂げることは可能だと思われます。

持続的発展を遂げている実績、高利益率を維持できるサイト運営ビジネスが上手く機能している実績を高く評価すべきです。

イケメン社長として人気を集めている平尾社長ですが、本当に注目すべきなのは「経営手腕」です。

平尾社長のように戦略的に物事を考え、「勝てる分野に参入することができる経営者」は将来有望です。実際に持続的成長という結果を出しているのですから、実力は疑いようがありません。

1兆円企業を創り上げるために日々奮闘する平尾丈。

平尾社長と今後のじげんは要注目です。

 


スポンサードリンク