最近の若者は本当にダメなのか?

LINEで送る
Pocket

今も昔も「最近の若者はダメ」という意見が一定数存在しますが、本当に最近の若者はダメなのでしょうか。

 

私の意見を言わせて貰えば「年齢に関係なくダメな人はダメだし、優秀な人は若くても素晴らしい」と考えています。

 

例えば東証1部最年少上場を成し遂げたリブセンス(6054)の村上太一社長は今、28歳でとても若いのですが無茶苦茶優秀ですよね。


出典 www.ettoday.net

 

今はリブセンスの株価が低迷しているので村上社長はメタクソに叩かれていますが、私は村上社長は本当に凄いと思っている。

 

 

20代という若さで東証1部上場を成し遂げた「実績」は非常に誇れる事実ですし、株価が下がっていると言ってもリブセンス自体は黒字経営を維持している財務優良企業です。

 

 

 

更に言えば私は村上社長の「雰囲気」がとても好きなんですよね。

 

 

 

村上社長の雰囲気はとても柔らかく、私にはない魅力が存在します。

 

 

村上社長は見た目の柔らかさから多くの年上の人から支持を受けていますが、その理由も納得できます。驕ることがなく、自分の仕事に熱心に取り組む姿勢も素晴らしく、「若者でありながら、多くの人を凌駕する結果を残す優秀な人物」として評価することができます。

 

 

 

ほんと、今の時代に年齢なんか関係ないですよ。

 

 

 

別に私は若手信者ではありません。

 

一部のITベンチャー企業は若者を積極的に採用する傾向がありますが、私は別に「優秀だったら年齢なんかどうでも良いよね?」と考えている人間です。

 

若者の中にも立派な人は沢山存在しますし、逆に40代や50代の方でも頭が柔らかく、とても優秀な結果を残している人は沢山いらっしゃいます。

 

 

 

一部のダメな人間だけをピックアップして見たら全体像もダメだと感じてしまいますが、それは木を見て森を見ずの意見なので「年齢関係なく、優秀な人は優秀」だと私は考えています。

 

 

若い人の魅力は間違いなく「将来性」という部分が強いのですが、この将来性という資産もいずれ必ず失われます。

 

 

若い人が今ダメだとしても将来はどうなるか分からないですよ。

 

 

例えばニートは世間的にダメだと言われていますが、「若者のニート」はかなり可能性が秘められていると思っています。

 

例えば家入 一真さん。


出典 nestuai.net

 

家入さんは波瀾万丈な人生を歩んできた方で、高校1年生のときにいじめを受けて3年間引きこもっていたという経歴を持ちます。

 

しかし、株式会社paperboy&coを創業して29歳という若さでJASDAQに最年少上場したという実績があります。

 

若い人の魅力って、「今はダメだけどこの先もダメだとは限らない」というのが1番大きな資産だと思っています。

 

 

 

 

 

逆にある程度歳を重ねているのにもかかわらず、何の実績も残しておらず、アホなことばかり言っている人は将来性もなければ何もかもダメだと思います(笑)

 

 

 

 

50代、60代でも優秀な人は大変多くいらっしゃり、歳を重ねても最前線で活躍し続けている人は本気で尊敬します。

例えばソフトバンク(9984)を率いる孫正義さんは今も昔も凄いですよね!


出典

 
孫さんは今は58歳で年齢を言えば決して「若者」ではないのですが、経営者としての才能と投資家としての嗅覚を両方揃えているのが1番の注目ポイントです。
アリババ株で大きな含み益を得ているのも素晴らしいですし、ソフトバンクを日本を代表する大企業に育て上げたのも注目に値します。
本当に優秀な人は年齢関係なく活躍しちゃうので、私は株を買うときは「経営者の年齢」は一切気にしません。
勿論、若いのに大活躍している経営者を見ると「若いのに凄いな、優秀だなぁ」とは思いますが、別に若くなくても確かな実績を残している人は素直に賞賛します。
私なんかは全く優秀でもなんでもないため、村上社長や孫さんの有り余るエネルギーを見習って「一歩一歩、持続的に成長すること」を心がけていきたいと考えています。
私は会社を選ぶときに「経営者の年齢」は全く参考にしません。本当に優秀な人はどんな年齢でも結果を出すことができるのです。


スポンサードリンク