スピリチュアルに頼る人は株式投資で勝てない

LINEで送る
Pocket

スピリチュアルにのめり込んでいる人は株式投資で勝つのは難しいです。


はっきりと断言しますが、スピリチュアルと株式投資は全く関係がないです。

私は引寄せの法則を信じている人間で、スピリチュアルに関してはある程度理解力がありますが「株式投資の勝敗とスピリチュアルを関連付けて話すなよ」と思います。

スピリチュアル信仰派の人達は腐るほどいらっしゃいます。

「私は願望達成の法則を信じており、的確に実践しているから株式投資で勝つこともできる!」と本気で信じている人がいるのです。

スピリチュアル思考を持てば株式投資で勝てると思ったら大間違いです。

株式投資で勝ち続けたければ「合理的発想」を重視しなくてはいけません。合理的に物事を判断し、情報を的確に分析するから株式投資の勝率が高まるのであって、そこにスピリチュアル的思考が入る余地は一切ないのです。

 

そもそもスピリチュアルに依存している人はメンタルが弱いので株式投資に向いていません。

 

私はスピリチュアルにも良いところは沢山あると思っています。

例えば「人に感謝し、人の役に立つ行動を心がければ自分が幸せになる」というスピリチュアル論が存在しますが、これは間違いなく正しいです。

人に感謝することによってより人に尽くそうという気持ちが生まれますし、「人様に対する感謝はビジネスを行なう上で大いに役立つ」のが真理になります。

例えば、「人間が大嫌いで仕方がない。俺以外の人間は全員滅んでしまえば良い」と考えている人が、ビジネスで成功を収めることができるでしょうか?

絶対に不可能だと断言することができます。

ビジネスの基本は「お客様を喜ばせることから始まる」ので、人間が嫌いだと述べている時点で「お客様を喜ばす思考」が失われてしまうからです。

スピリチュアルでは、「人に感謝し、自分が成功しているところをイメージし、成功を掴むために行動するのが大切」というのが一般論になります。

確かにそれは一理あるのですが、スピリチュアルを信じきっている人の一部は「スピリチュアルを活用すれば株式投資で勝てる」と思い込んでいるのです。

例えばとあるスピリチュアルの教えで「願望は必ず実現する」というものがありますが、これを過大解釈して「願望は必ず実現するのだから、自分の持ち株の株価も上がるはずだ!」という意味不明な根拠を元に株を保有することもあるのです。

とあるスピリチュアル信仰派の人は「家の模様替えを実施して金運を高めたから、これから株価が上がるはずだ!」と主張していました。

私はこのような考え方を抱いて株式投資を行なうのは危険だと主張します。

株式投資で勝利を引き寄せたければ、「データを活用し、しっかりとした分析を行なう」のが絶対の条件になるのです。

風水や願望実現の法則を信じるのは自由ですが、スピリチュアル頼りの投資を行なっている時点でその人は株式投資で勝ち続けることはできないと確信しています。

 

株式投資とスピリチュアルは非常に相性が悪いのです。

スピリチュアルを盲信している多くの人は「データ」を重視しません。スピリチュアルの教えを絶対的に正しいと思い込み、スピリチュアルを実践していれば何事も上手くいくと考えているので株式投資で勝つための「戦略」を練るのが苦手です。

模様替えをしたら株式投資で勝てるとか、願望実現のイメージを抱けば株価が上がるとか、そんなことは一切ありえないので信じないでください。

いつの時代も最後に残るのは「本物」だけです。

ウォーレン・バフェットは間違いなく「本物の投資家」です。

バフェットが長年にわたって優れた実績を残し続けているのは「バフェットの長期投資理論が優れているから」であり、スピリチュアルを信仰していたから大きく儲けたわけではないのです。

株式投資は優れた理論と戦略を元に勝ちを重ねていかなければダメなんです。

それともう1つ、スピリチュアルな人が株式投資に向いていないのは「理想主義な考え」が強いからです。

理想を持つのは本当に良いことですが、ありえない理想を信じると自身の身を滅ぼす結果に繋がります。

例えば資本主義社会は「競争社会」が原則となっていますが、スピリチュアルな人は「これからは競争ではなく、人類が手を取り合って生きる理想社会になる。競争にこだわるのは古い考えだ」と主張するのです。

なるほど、人々が協力し、手を取り合って生きる社会は確かに理想です。

では、資本主義社会でその理想が実現できるのでしょうか?

株式投資で儲けたければ「現実的思考」を優先しなければいけません。理想社会が訪れると信じるか、資本主義社会が続くと信じるかは人の自由ですが、「今の社会を知り、競争社会に適したビジネスを行なっている会社の株」を買わなければいけないのです。

競争心が強く、ガツガツと業績を伸ばそうとする会社は株価が伸びる可能性も高いのですが、スピリチュアル思考に依存すると「争いを避ける会社が良い会社だ」と訳のわからない判断を下すようになります。

私はスピリチュアル自体は非常に好きなのですが、スピリチュアルにハマっている大半の人が「現実から逃避し、綺麗事ばかり述べている」のでスピリチュアル人間は好きではありません。

スピリチュアルに依存している間は絶対に株式投資で勝てないです。

株式投資の世界ではスピリチュアルの教えはどうでも良いと思ってください。願望をイメージすれば株価が上がるとか、イメージトレーニングを積めば株式投資で勝てるとか、そんなことは一切ないので現実を見てください。

「株式投資で勝ち続けたければ理論的思考を身につけなければいけない」という現実に気づいてください。

投資の世界でスピリチュアル論に頼るのは危険です。スピリチュアル理論を活用して株を買うのは全く合理的ではなく、儲かるという根拠が乏しいので投資家として絶対にやってはいけない事柄に該当します。

スピリチュアルを信じて明るい人生を過ごすのは良いのですが、「株式投資にスピリチュアル論は通用しないこと」を意識した方が良いです。


スポンサードリンク