結果に対して無頓着なのは良くない

LINEで送る
Pocket

結果に対して無頓着になってしまうのは良い傾向ではありません。株式投資で勝ちたければプロセスにこだわるのも大切ですが、それ以上に結果にこだわらなければいけないのです。

株式投資は結果が全てです。

結果を残せば株式投資を長く続けることができますし、結果が自信に繋がります。自信を失ってしまうと株式投資を続けるモチベーションも減退してしまい、投資資金を増やしてお金持ちになる道も途絶えてしまいます。

結果よりも努力が大切だ。と言う人もいらっしゃいます。

しかし、何のために努力をしているのか考えなくてはいけません。結果を出すために努力をしている方が大半ではないでしょうか? 自己を満足させるために努力するのは目的が異なります。本来の目的は「株式投資で利益を上げること」であり、その目標を達成するために努力するのです。


努力をしたからそれで良いとは限りません。結果を出すための努力をしているのか、努力をしたと自身を納得させるための努力をしているのか。前者と後者では意味合いが全く異なってくるのです。

自己満足のために努力をしても意味はありません。

努力をして結果が出なかったとき、本当に自分自身を納得させることができないからです。結果を出すための努力と、努力をしたという意識を保つための行動は全く違います。

結果を出すための努力とは、「努力が結果に反映される」ことを言います。もちろん、努力を重ねても結果が出ないときはありますが、それは仕方が無いこととして受け止めることが可能です。

しかし、結果に無頓着のまま努力を続けると目標の転移が生じてしまいます。本来は株式投資で儲けるのが目標であったのにもかかわらず、「努力を続けること」自体が目標になってしまうと自分の方針にぶれが生じてしまうのです。

良い結果を出したければ結果にこだわるべきでしょう。

一流のプロは皆結果にこだわっています。スポーツ選手も、営業マンも、投資家も、一流と呼ばれている人たちは結果を蔑ろにすることはありません。結果が出ない努力を続けても徒労に終わってしまうのです。

結果に対する意識を強めていきましょう。頑張ったからそれで良い、という意見はビジネスでは通用しません。株式投資はビジネスではないという意見も存在しますが、ビジネスのようにシビアな視点で株式投資を捉えなければ株で負け続けてしまいます。

また、結果に対して言い訳をするのも避けた方が良いでしょう

結果が出ないのは何かしらの原因が必ず存在しているからです。それは銘柄分析かもしれませんし、株の将来性を見誤った結果かもしれません。

どちらにせよ、結果が出ないときは「なぜ良い結果がでないのか?」と考えて自分の努力を軌道修正する必要があるのです。

結果に対して無頓着だと行動を修正するのが難しくなります。自身の行動が結果に繋がることを強く意識して、株式投資で儲け続けましょう。


スポンサードリンク