欲しいと思わない株は、絶対に買ってはいけない

LINEで送る
Pocket

自分が欲しいと思わない株は絶対に買わないようにしましょう。自分にとって不要だと思う株を保有するメリットはありません。

なぜ、自分が欲しいと思わない株を買ってはいけないのでしょうか? それは単純な問題で、無理やり株を買う必要があるのかという部分がポイントになります。

不要な株を購入して投資資金を減らすくらいなら、自分の好きな株を買って長期保有した方が気分は良いのです。気分と言うと抽象的な言い方ですが、株式投資を長く続けるために自分の気分は良い方向に保つのが理想です。

また、好きではない株はすぐに売却したくなります。

そうなると取引手数料も無駄にかかってしまうので、最初から買わないという選択肢を選んだ方が無駄なお金を使わなくてすむのです。

意外と多いのは、欲しい株がないけど何となく株式投資を始めたいから株を買ってみたというケースです。

これはお勧めすることのできない買い方です。


欲しい株がない場合、無理に買う必要はありません。例えば、自分は株主優待が貰える株が欲しいのに、配当金も株主優待もない株を購入して愛着が湧くでしょうか?

自分のニーズに合っていない株を買うのは無駄なのです。自分が欲しいと思った株だけを買うようにすれば、例え一時的に株価が値下がりしても保有し続けることが可能です。

しかし、最初から欲しいと思っていない株を購入しても長期保有する意欲は湧きません。ここが一番の問題点になるのです。

株を買うときはずっと保有するつもりで購入するのがお勧めです。これは長期投資の鉄則になるので、最初からデイトレード主体で株取引をする人には当てはまらない考え方です。

自分の保有資産が嫌いな株ばかりで埋め尽くされてしまったらどうでしょうか? 多くの人は株式投資を続ける意欲が無くなってしまいます。

欲しい株を買うためには自分の好きな企業を選定することが大切になります。欲しいと思わない株を購入するのは自分にとってあまりメリットがない行為なので、基本的には止めておいた方が良いでしょう。


スポンサードリンク