株式投資に絶対に利用してはいけないお金

LINEで送る
Pocket

株式投資に絶対利用してはいけないお金は存在します。利用しても良いお金と、利用してはいけないお金の区別をつけて手堅く株式投資で儲けていきましょう。

1,養育費の利用

子供の養育費を株式投資に利用するのは絶対に避けなければいけません。養育費を増やすために株式投資を始める人もいらっしゃいますが、養育費ではなく自由資金を使用すべきです。

使用用途が定まっているお金を株式投資に利用すると、投資資金が減少したときに身動きが取れなくなります。毎月の学費を払う必要があるのに、養育費を株式投資に使用すると月々の支払いもできなくなる結果に繋がります。

子供は家族の財産です。子供を不幸にする行動は取らないようにした方が良いでしょう。もっと良い暮らしを実現したいという大義名分があっても、養育費を株を買うための資金に利用するのはお勧めできません。


株には変動リスクがあるので、儲かるときもあれば投資資金が減ってしまうときもあるのです。

自由資金を活用して株式投資をすれば、少々の含み損を抱えても株価が上昇するまで気軽に待つことが可能です。

しかし、養育費を使用すると気軽に待つことができません。

早急にお金が必要になった場合、損切りする手段を選択しなければいけないのです。時間の余裕が無くなる資金の運用は、株式投資の勝率を下げる結果に繋がるので気をつけなくてはいけません。

2,食費を株式投資につぎ込む

絶対に利用してはいけないのは食費です。

この理由はとても単純で、食費を利用して株式投資をしても自分が困ってしまうのです。今月の食費が無い状態で株式投資をしても意味はありません。

どうやって生活すれば良いのか?という根本的な問題を抱えることになるので、食費は株式投資に使用しない方が良いのです。

もっと良いものを食べたいという理由で、食費を株を買うための資金に転回する人もいらっしゃいますが意味が無いので止めましょう。

3,マイホームを買うための頭金を利用する

マイホームを購入するためにお金を貯めている人も多くいらっしゃいますが、ある程度お金が貯まってくると「少しくらい投資に利用して、効率的にお金を殖やした方が良いんじゃないか?」と考えるようになります。

この発想自体は間違っていませんが、使用するお金が間違っています。せっかく貯まった頭金を株式投資に充てるのは全くお勧めできません。それが恋人と2人で貯めたお金であればなおさらです。

株式投資を通じてお金が殖えれば良いのですが、株に絶対はありません。少しくらい頭金が減っても問題はないと自分がリスクを許容することができれば良いのですが、多くの方は大切なお金が減ってしまう事態に耐え切れないのです。

株式投資で勝つには心の余裕が大切になります。マイホームを購入するための頭金はとても重要になります。大切なお金を運用して株を買うのは心の余裕を喪失する結果に繋がるので、お勧めできないのです。

4,恋人のお金を使う

1番やってはいけないのが恋人のお金を勝手に利用して株を買うことです。これは下手したら犯罪になるので、訴えられてしまうと何も言えなくなってしまいます。

人間関係が崩れる原因で多いのは、「お金絡みのトラブル」です。人にお金を貸してはいけないと一般論として語られていますが、これは人間関係を崩す原因になるからです。人のお金を勝手に利用するのは絶対に避けなくてはいけないのです。例え恋人という特別な関係であっても止めた方が良いでしょう。

恋人のお金を利用して株式投資で勝ったとしても問題は生じます。

「どうして私のお金を勝手に利用したの?」と、問い詰められてしまえばそれまでです。勝手に利用する側が100%悪いので、弁解の余地がありません。

恋人の許可を貰って資金を援助してもらったとしても、やはり株を買うためのお金に利用しない方が良いのです。恋人との関係を壊す可能性のある行動は慎んだ方が良いでしょう。

お金絡みのトラブルは人間関係を崩壊させる一因になります。株式投資で幸せを掴むことは可能ですが、使用資金によっては自分を不幸に陥れる結果に繋がってしまうのです。


スポンサードリンク