株式投資は悪者ではない

LINEで送る
Pocket

株式投資は危険。株式投資に手を出して不幸になり、自殺をした人も大勢いる。

株式投資に対する負の認識が広まっているのは事実です。しかし、株式投資は悪者ではありません。株式投資に対する過激な報道が人々の感情を煽っています。

報道のモラルというものが存在します。本来、情報を提供する立場にいる者は、客観的な分析を重ねて正当な情報を提供しなくてはいけない義務があります。

株式投資が悪者ではないと断定する理由は1つです。

株式投資は自分でリスクをコントロールできるからです。

生活に支障をきたすほどの金額を投資しろと強制する人は誰もいません。1000円あれば誰でも株式投資を始めることができます。しかし、1000円だけ投資をして自殺まで追い込まれる人がいるでしょうか? 1000円で株を買い、上場廃止になって1000円分の資産が失われたとしても、それで精神的に大きな痛手を受ける人は少ないのではないでしょうか。

株式投資が悪いのではありません。リスクコントロールを誤った本人が悪いのです。

かつて、日本には徴兵制度が法律で認められていました。徴兵から逃れようとする人は実際にいらっしゃいます。戦争に駆り出されたくない。そのような思いが人々を過激な行動を起こす結果に繋がりました。

醤油の一気飲みです。

醤油を飲み、体調を悪化させて徴兵から逃れようとする人が続出しました。結果的にそのような行為は意味を成さなかったのですが、ここで1つの疑問が浮かびます。

醤油を一気飲みすると確実に体に害を及ぼします。

しかし、醤油の危険性を説く人が大勢いるでしょうか?

「醤油は一気飲みしたら人体に大きな影響を及ぼすから禁止しよう」という意見が主流を占めたでしょうか。答えは否です。


皆、分かっているのです。醤油は適切な量を使用すれば安全であることに。一気飲みするという行為自体が誤りであり、醤油には何の罪もない。それはほとんどの人間が理解しています。

しかし、株式投資はどうでしょうか?

株式投資は醤油のような存在です。醤油と同じく、適切な量を守れば問題はありません。一気に儲けようとしてリスクコントロールを誤れば、誰でも危険なことは分かります。

しかし、適切な金額だけを投資していたら……? 

先ほどの1000円の話に戻りましょう。1000円だけ投資していれば、生活に支障をきたすことはありません。しかし、自分の生活を根本から破壊するお金を株式投資に利用して失敗するから、自殺に追い込まれてしまうのです。

本当に株式投資は悪でしょうか。自分が危険だと思ったら、その時点で投資を止めることも可能です。そもそもお金を借りて株を買わなければ、借金地獄に悩まされる心配もありません。

株式投資が悪者。このような意見は事実の一部分しか捉えていない、狭い範囲の意見になるのです。薬は用法を誤れば毒になります。株式投資も利用を誤れば毒になるのです。

その事実を認識していないから、無謀な投機に手を出して取り仕返しのつかない損失を抱えてしまうはめになるのです。それは株式投資が悪いのではなく、個人の問題になるでしょう。

この世の中は全てが自己責任です。事業で失敗して自殺する人はいらっしゃいますが、「誰でもビジネスに参加できる世の中が悪いんだ」と、暴論を吐く人がいるでしょうか。

 

株式投資は悪者ではありません。

株式投資は歪んだ情報によって、悪者に仕立て上げられているだけなのです。

 


スポンサードリンク