株式投資のゲームは大して役に立たない

LINEで送る
Pocket

いきなり株式投資を始めるのは怖いと思う方は株式投資のゲームを買って株に慣れ親しもうとします。

私も株式投資のゲームを買ったことがあるのですが、結論から言うと大して役に立ちませんでした。

株式投資で勝ちたければ相場観や長期計画を練って株を買うのが重要になりますが、私の買ったゲームは「売却益狙いの投資」しか実行できなかったのです。配当金や株主優待という概念が全くないため、株を長期保有して配当金だけでこつこつ儲けるという戦略を取ることができません。


私が買った株ゲームは「株取引」という要素に特化していたため、株取引の仕方を覚えることはできても相場観を養うことができませんでした。コンビニや町に出かけて情報収集をして「これから上がる株を探す」というゲームになりますが、当然のことながらこちらも役に立ちません。

例えばコンビニで新商品の清涼飲料水が売られたとします。その情報をコンビニ店員から聞きだし、新商品を開発した会社の株を買えば株価が上がって儲けられるというシステムになりますが、このシステムはゲームとしては良いかもしれませんが、株式投資の勉強にはなりません……。

そもそもコンビニから仕入れる情報は「他の投資家がすでに知っている情報」に該当するので、情報を仕入れた後に株を買っても遅いのです。現実の株取引であれば「遅い情報を掴んで株を買う」という行為になるため、出遅れする可能性が大です。

しかしゲームだと普通に儲けることができます。

更に言えば売却益しか得られないので株式投資の面白味を体験することができません。株式投資の醍醐味は「株を少しずつ増やして不労所得を受け取ること」だと私は考えていますが、株主優待や配当金が受け取れないので長期投資するメリットが薄いのです。

ゲームシステム自体が「デイトレードで儲ける」というコンセプトに傾いているため、長期投資の強みを知ることができません。

また、デイトレードと言っても架空のお金なのでドキドキ感や重圧が全くかからない状態で株を取引するため、緊張感が全くないのです。1銘柄に100万円投資しても何も感じませんし、40万円の含み損を抱えてしまっても他人事のように感じてしまいます。

デイトレードに必要な「重圧や緊張感を乗り越える訓練」を行なうことはできないのです。

長期投資の真価も知ることができず、デイトレードやスイングトレードの練習も意味もないゲームを買ってしまった私ですが、そもそも株式投資のゲームは大抵が同じです。

実践同様のデイトレードの緊張感を味わうことはできません。「下手したら自分のお金が減ってしまうかもしれない」という緊張感が皆無なので、相場観を養うこともできないのです。

とりあえず株式投資のゲームをプレイして基礎知識を学ぶのは良いのですが、ゲームで勝ったから本番でも勝てると考えるのは絶対に止めてください。ゲームはリアルよりも難易度が低く設定されています。

緊張感が全くない状態で勝負することができるので、プレイヤー有利に働いているのです。

たまに「ゲームやバーチャルトレードで勝ったから、本番でも勝てる」と思い込む人がいますがゲームの実績は本当にあてにならないです。ゲームを買うくらいなら少ない金額で実際にデイトレードを行った方が相場観や株知識が身につくので、実践に勝るものはないと考えるのが賢明になります。


スポンサードリンク