投資知識が無ければセールストークで騙される

LINEで送る
Pocket

投資に関する知識が無い人ほど、証券会社の人間から騙されやすいという特徴があります。

騙すと言うと語弊があるかもしれませんが、なぜ証券会社の営業員が株式投資を勧めるのか考えなくてはいけません。

【お客様を儲けさせてあげるため?】

いいえ、それは幻想です。証券会社の大半は、社員に対してノルマを課しています。基本的に証券会社は顧客からの売買手数料で利益で得ているので、お客様に対しても「頻繁な売買を要求する」ことが多いのです。

はっきり言います。

株をセールスする営業員は、お客様を儲けさせてあげるという意識が希薄です。


もちろん、お客様も利益を上げて営業員も手数料収入を得ることができればそれに越したことはありません。しかし、株式市場は理想的な関係が築けるほど甘い世界ではないのです。

投資知識が無い人は、営業員のセールストークに乗せられて株を買ってしまいます。そして少し利益が出たらすぐに売却し、また新しい株を勧められたら買うという行動を繰り返しています。

証券会社の営業員に「株取引で損した!」というクレームをつける方も多いのですが、それは筋違いです。株式投資は自己責任が原則となっているので、いくら損失を出しても営業員の責任ではなく自分の責任になります。

儲けたら営業員のお陰。損をしたら自分の責任。

そんな取引を続けて儲かると思いますか?

お客様のことを思って株式投資を勧めている営業員はほとんどいません。

「本当は長期投資で手数料かからない方法を選択して、安定した収入を得るのが1番なんだけどな……」と、口が裂けても言わないでしょう。なぜなら、顧客が長期投資に徹すると証券会社は儲からないからです。

長期投資は手数料がほとんどかからないのが魅力です。裏を返すと、手数料収入を重大視している証券会社は「手数料収入が期待できない取引手法は論外」と考えるのです。

そのため、証券会社の営業員は以下のような特徴があります。

・手数料の高い金融商品を売る

外国株や投資信託が手数料の高い金融商品に該当します。これらの金融商品を強く勧めるのは、儲かるからではありません。

「今、アジアが急成長しているからベトナム株を買うべきです!」

「日本株だけで資産を固めるのは大変危険です。東日本大震災を思い出してください。未曾有の大震災が起きても資産を守りたければ、外国株を購入するべきです」

「中国株は配当利回りが高いですよー。成長が著しい国なので、大きく儲けられますよ!」

上記の意見は的を射ているのです。確かに正論ですが、このセールストークを鵜呑みにすると痛い目に合います。

上記の意見は建前であることを意識しなければいけません。人間は本音と建前を使い分けることが可能ですが、建前の意見を利用するときは「相手にメリットがあると思わせるセールストーク」を展開するのです。

本当は自社の利益を上げたいのです。自分の会社の利益を上げたい、自分に課せられたノルマを達成したいから、手数料の高い金融商品を営業員が勧めるのです。

「あら、わざわざ儲かりそうな株を提示してくれて親切ね。信じて買ってみようかしら」

こういう考えは絶対に止めてください。こんな形で人の言うことを鵜呑みにして、ほいほい株を買っても勝てるわけが無いのです。相場の流れが良ければ勝つことは可能ですが、それはだたの運です。自分の実力ではなく、地合いに助けられたのです。

優秀な営業員は「手数料を多く稼いで、ノルマを達成する営業員」に限定されます。

お客様の資産を増やしてあげるのが良い営業員ではありません。セールストークを繰り出す人のほとんどは、慈善事業で仕事をしているわけではないのです。自分が生き抜くために仕事をしているので、利害関係が異なる相手のセールストークを信じないように心がけてください。

信じて良い人と、信じてはいけない人を見極めなければ株式投資で負けます。

 


スポンサードリンク