新しいことを始めると反対されるのは当たり前

LINEで送る
Pocket

新しいことを始めようとすると、大抵の人間が反対してきます。

「株式投資? 止めとけ止めとけ。あんなもの、プロじゃなきゃ勝てないよ」

「株式投資で儲けられるなら、みんなやってるよ!」

「株式投資で儲けようとする考えが間違いだ。自分を楽な方向に導こうとしても、良い結果はやってこない」

上記の意見は全て私が言われたことです。

株式投資はプロじゃなきゃ勝てない。この意見は嘘なので信じないでください。むしろ、プロでも負けるのが株式投資です。


投資信託ではプロが運用していますが、プロだから確実に利益が出せるとは限りません。初心者の方が長期投資に徹したほうが勝ちやすいという現実があるのです。株式投資はプロもアマチュアも関係ありません。アマチュアが勝つために必要な能力は「時間を惜しまないこと」です。

プロは短期間で利益を上げなければいけないノルマを課せられていますが、アマチュアはそのようなノルマは存在しません。いくら時間がかかっても良いのです。最後に儲けた方が勝ちというルールであれば、時間的に余裕があるアマチュアの方が圧倒的に有利です。

しかし、すぐに儲けようとするとプロと同じ土台で勝負することになるので、勝率は低くなります。プロじゃなきゃ勝てないという意見は誤りであり、株式投資の本質を知らない人ほどそう言いたがる傾向があるのです。

そもそも、株式投資に限らず新しいことを始めようとすると、多くの人間が反対します。なぜ反対するのかは分かりません。妬みの感情があるかもしれませんし、「こいつには無理だ」と思い込むことによって得られる優越感を味わいたいのかもしれないのです。

「成功するのはほんの一握りだけの人間だけ」という格言があります。

なぜ、成功する人は一部の人間だけに限定されてしまうのでしょうか? それは、大抵の人々は「批判する立場」に回っているからです。


成功する人間はつまらない批判をしません。批判をする側ではなく、批判される側に回っているのです。というのも、新しい行動を起こすときは「不特定多数の人間から批判される」という法則があるため、批判される人は何かしら行動を起こしている人に限定されてしまうのです。

逆に言えば何も行動しなければ批判はされません。その代わり、成功することも絶対にありえないのです。

株式投資を始めようとしても、周囲の人が反対することで悩んでいる方もいらっしゃいます。しかし、そのような意見は全く気にする必要がありません。これは株式投資に限ったことではないのです。批判する人間はいつまで経っても成功できませんが、批判される人間は成功するチャンスがあります。

株式投資を始めようとして批判される人は、「成功するチャンス」を手にしているから周囲から批判されると考えてください。絶対に失敗しない方法は行動しないことです。しかし、行動しなければ成功を掴むこともないのです。

成功しない人間ほど批判を好みます。株式投資で勝ちたいのであれば、批判することを止めて「批判される立場」に回ることを意識しましょう。批判されるのは嫌だと思う人もいるかもしれませんが、批判されるのは誇りだと思ってください。

どんなに偉大な人間でも批判されないで大業を成し遂げた人はいないのです。

新しいことを始めなければ、発展は望めません。今までの価値観を捨てて新しいことを始めるのは勇気のある行動です。株式投資を始めるという勇気があれば、批判する人々に対して寛容に接することもできるはずです。

反対意見を気にしても自分のためになりません。株式投資で勝ちたければ、周囲の意見を覆す強い信念を身につけなければいけないのです。


スポンサードリンク