株を保有しているのは誇れること

LINEで送る
Pocket

株を保有しているのは誇れることです。

株を保有している人は資産家として君臨しているのに等しいのです。株数が少なくても関係はありません。株式投資にチャレンジしている方は、「資産を保有している」ということになるので資産家としての立ち位置を築いているのと同義なのです。


株を保有している人は多くないのです。株を保有しているというだけで「資産家の仲間入りをしている」と自分を誇ることが可能です。また、株を保有しているということは「株資産に関する知識がある」という状態になるため、資産運用を続けていくのに大変優位な位置に属しています。

株を保有しているだけで、多くの知識を身につけやすくなるのです。

知識は自分の武器となり、身を守る盾になります。株式投資を続けているだけで日本経済の状況や、様々な金融商品に関する知識が身につくようになるので「知識社会で生き残る」ことが可能になるのです。

知らないのは罪です。

株を保有しているというだけで情報源が広がり、収入にも大きな余裕が生じます。また、お金持ちになるための基本を身につけることができるので、株を保有している人は「お金持ちになる可能性が高い」と断言することが可能です。

金融資産の知識が無い状態でお金持ちになるのは大変難しいのです。一時的であればお金持ちになることは可能ですが、お金持ちの状態を維持したければ「資産運用」について学ばなければいけません。それは資金が少ないうちから資産に関する知識を増やしていくのが得策であると考えられます。

株を保有するのは誰にでも許されている権利ですが、その権利を行使している人は少ないのです。

選挙を見てください。日本国籍を有する20歳以上の人は日本国内の選挙に参加することができますが、選挙権を行使しない人がいるのは事実です。しかし、選挙権を行使する人と選挙権を無視している人、どちらがより政治に対する関心が高いと言えるでしょうか?


政治に関する関心を高めれば、政治の知識を増やすことが容易になります。株式投資も同じで、株を保有する権利を行使している人は「株の知識を増やすことが容易」であると断言することができるのです。

つまり、株を保有している人は株知識を増やす環境下に身を置いていることになるので、お金に関する意識も高まっていくのです。お金に対する意識が高まれば、どのようにお金を運用したら良いのか知ることができるようになります。

まずは興味を持つことから始めなくてはいけません。

株を保有している人は少なからず「株式投資に対して興味がある」という状態になるため、これからどんどん株知識を増やしていくことができるのです。これは強く誇れる事実になるでしょう。

株に対して一切興味を抱かない人もいらっしゃいます。それはとても残念な思考です。なにが残念かと言うと、「自ら収入を増やすための手段を遮断している」という事実が残念です。

この世の中は広い視野さえ身につければ、いくらでも収入を増やすチャンスが存在していることに気づきます。株式投資に興味が無い時点で「株から収入を得るチャンスを失う」という結果に繋がるため、必然的に自分の収入の幅を狭めているのと同義になるのです。

株を保有している人は、株を買った自分を誇ってください。

あなたは素晴らしい選択をしたのです。例え含み損を出していたとしても、配当金で含み損を解消すれば問題はありません。含み損や含み益の有無は重要ではないのです。

本当に重要なのは「投資知識を身につけること」であり、株式投資の知識に秀でている人はこれから躍進する可能性を秘めている人です。特に若い頃から株式投資を始めている人はお金に対するマインドも高いので、お金持ちになることも夢ではないのです。


スポンサードリンク