情報弱者は株式投資で勝てない?

LINEで送る
Pocket

現代は情報弱者の存在が問題になっています。

現代社会は情報を活用できる人と、情報を利用できない人に層がわかれています。情報を上手に活用できない人を「情報弱者」と呼びます。


勝ち組になりたければ有効な情報を取り入れ、収入を拡大するために情報を利用しなければいけません。株式投資は情報の活用が重要になるジャンルですが、情報分析ができないと株式投資で勝てないのです。

そもそも株式投資に興味がない人は「株式投資の情報を取り入れない」ので、儲けるための株情報を得る機会がほとんどないのです。

株式投資に関する情報は自分のお金を増やすために有効です。

お金を増やす情報を取り入れない時点で情報弱者になってしまうのです。低所得者や高齢者は情報弱者になりやすいと言われていますが、株式投資に興味がない人は低所得者が多いのです。

パソコンやスマートフォンが普及している今、株式投資に関する情報を取り入れるのは非常に簡単です。情報を上手く利用するのは誰でもできることなのですが、株式投資に興味がないと有効な情報を活用する機会もゼロのままです。

本当にこのままで良いのでしょうか?

自分の身は自分で守る時代です。資産運用の知識や株式投資のノウハウを知らない人は、自分の資金を有効に利用することができません。つまり、自分の身を自分で守ることができないのです。これは重大な問題になります。

「そんなこと言われても、株式投資に興味がないから仕方ない」とおっしゃる人もいますが、これから生き残り続けたければ株式投資に興味を持たないとダメなのです。

優良な情報を仕入れたい場合、物事に興味を持つことから全てが始まります。「株式投資には興味ないけど、儲ける情報だけ手に入れたい」と考えるのは非常に危険です。

資本主義社会で成り上がりたければ情報強者になってください。今の時代は情報を上手く利用する人が勝ち残るのです。例えば株式投資.jpの情報を利用して株式投資で儲けている人は「情報強者」になります。

実際に情報を有効利用しているのですから、情報化社会に対応できている証拠になるのです。

株式投資で儲けるのは「搾取される立場から抜け出す」のに有効です。会社や組織に依存しないでお金を稼ぐことができるので、「自分の力で我が身を守る」という理想を実現することができるのです。

何度も言いますが、情報弱者は株式投資に勝てません。株式投資で勝ち続けたければ情報弱者から抜け出し、情報強者にならなければいけないのです。

良質な情報だけを取り入れ、いらない情報を排除するのは難しいことのように思えますが、信頼性がある情報だけを見極めるように心がければ良いのです。

「投資資金100万円で毎月50万稼げる!」という宣伝文句に踊らされる人は間違いなく情報弱者です。「金融資産に関する知識は少ないけど、大きく儲けたい!」と考えている人が甘い情報に騙されてしまうのです。

情報弱者になってはいけません。情報を上手く活用すれば株式投資の勝率もアップするので、情報強者を意識して株式投資に取り組むのは非常に重要です。


スポンサードリンク