頑張ったら報われるというのは完全な嘘

LINEで送る
Pocket

株式投資で稼ぎ続けたければ「努力は裏切る」という事実を理解し、「頑張ったら報われる」という甘い考えを捨て去らなければいけません。

 

はっきり言って頑張ったら報われるというのは甘いです。


出典 www.youropi.com

いくら頑張っても努力する方向性が間違っていたら結果なんて出ません。

 

ビジネスでも株式投資でも同じことが言えますが、「頑張ったからそのうち良くなるだろう」というのは滅茶苦茶甘い意見で、頑張った程度で報われるのなら人生ここまで厳しくないですよ。

 

「頑張ったら報われる! 努力は大切だ! 論より行動で頑張っていきましょう!!」と言う人に対して逆に聞きたい。

 

なぜ頑張ったら報われるのに、起業したら5年以内に半分以上もの会社が倒産するのか。

 

もうこれは努力という単語で片付けられる問題ではありません。「赤字を出している中小企業、倒産した会社は皆頑張っていない」とでも言いたいのでしょうか?

 

赤字企業でも努力している会社は多いですし、中小企業ほど資金繰りが厳しいから経営者は滅茶苦茶努力していますよ。

 

良いですか、この世は努力しても報われるわけではないのです。

 

結果を出すために努力するのは大切ですが、「努力すれば報われる!」という意味の分からない考えを抱いていると現実に裏切られるときが必ず訪れるのでそこは覚悟しなければいけません。

 

日本では努力神話が蔓延しており、とにかく努力するのは偉いという風潮が存在します。

 

なぜこんな腐った考えが広まっているのか本気で疑問を抱いていたのですが、結局それも教育の結果であると結論を出すことができました。

 

現代日本の教育システムは滅茶苦茶甘いです。

 

基本的に日本の教育というものは「ただの暗記教育」であり、労働者を育成するための教育システムでしかありません。テストで良い点を取りたければ人よりも多く勉強すれば良いだけの話です。

 

勉強しただけで良い結果を出せちゃうのが学生の特権なんですね。

 

なぜならテスト問題は暗記すれば何とかなっちゃうから。

 

現実は別です。

 

はっきり申し上げますが、「活用できない知識」なんて全く意味がありません。

知識量に長けている人は多々いらっしゃいますが、その人達が成功するか否かと問われれば「頑張って知識を身につけたことと結果は比例しない」というのが答えになります。

 

意味のある努力を継続するのは大切ですよ。

 

「努力したから報われる、上手くいく」という甘い考えを捨てろと言っているのです。

 

例えば株式投資なんかは努力が滅茶苦茶報われないジャンルとして有名ですが、だから株式投資は面白いのだと思っています。

 

いくら頑張って株について勉強しても、赤子の手を捻るように無慈悲な敗北を味わうことは多々あります。というより、統計的に見ると大多数の個人投資家が負けており、「努力だけではどうにもならない壁が存在すること」を意識しなければいけません。

 

こういうことを言うと「じゃあ努力する意味ないじゃん。株だって努力で何とかなる問題じゃないんだから、結局運でしょ?」と、極論を述べる人もいらっしゃるのですが株式投資は運ではありません。

 

運任せで株を売買している人は一部の投機家であり、本当に勝ち続ける人は理を持って儲けるのです。

 

私は株式投資というジャンルは素晴らしいと思っている。

 

何が素晴らしいかというと、「努力すれば報われる」というベッタベタに甘い価値観をぶち壊してくれるのに役立ちますし、逆に言えば「努力しなくても報われる」ので簡単にお金が得られちゃうからです。

 

株式投資は「不労所得」の存在が偉大です。

 

不労所得は個人が努力して得た結果でしょうか?

 

汗水垂らして働いているから不労所得が得られるのでしょうか?

 

違いますよね?

 

この世はとても不公平な世界で、「頑張らなくても大金を稼ぎ続ける人」もいらっしゃれば、「頑張ったら報われる!」という努力信仰人間が社畜として働き続け、労働力を吸い取られている現実が存在します。

 

経営者や投資家の立場で考えれば、「頑張ったら報われる」と考えている人は扱いやすいのですね。

 

「頑張ったら報われる」と信じている労働者は努力することを惜しみません。

 

それはとても尊いことのように語られていますが、実際のところ労働力をたくさん提供してくれるから会社や資本家層が潤うのです。頭のよろしい人はこの現実に気づいているから、「努力したら未来は良くなるよ」と、労働者に甘い言葉をかけるのです。

外食産業にありがちな光景になります。

 

穴を掘って、埋める。

 

穴を掘って、埋める。

 

穴を掘って、埋める。

 

これ、報われますか?


出典 2minutegardener.blogspot.com

 

「今苦労しとけば未来は明るいよ。努力した結果が明るい未来に繋がるから、今頑張って努力しよう!」と何も根拠のない言葉をかけて、残業代も払わずに労働力を提供して貰ったら楽で良いですよね!!

 

夢、希望、努力という言葉を悪用すると何も知らない、何も考えない労働者から「労働力」を安全に搾取することができるのです。

 

だから「努力したら報われる」という言葉が流行っているのです。だから日本の教育システムは労働者層育成に効果的なんです。

 

現実を見ようよ。

 

いくら努力してもダメな人間は結果を出すことはできないし、そもそも人間には向き不向きが存在するから向いていないことに労力を注ぎ込んでも報われることなんてほとんどないですよ。

 

「頑張ったら報われるから頑張れ!」というのは労働者を効率良く搾取するために役立つ言葉であり、この言葉を信じて訳の分からない努力(方向性の見えない努力)を続けている人は絶対に報われることはないので安心してください。

 

少し希望が抱ける話をすると、「資産運用や株式投資に関して勉強する」のはほぼ確実に役立ちます。

お金に対する価値観、資産運用のスキルを高めるのに役立つからです。努力するなら「将来報われる分野で努力すること」を心がけた方が良いのです。


スポンサードリンク