本当のお金持ちは株を売らない

LINEで送る
Pocket

やはりお金持ちは凄いと言いますか、投資に対する感覚が一般人と違います。


日本にはお金持ちと呼ばれる人が沢山いらっしゃいますが、お金持ちの人ほど株を持っている傾向があります。自社株だったり、株式投資で購入した株だったり、株を保有して「不労所得」を沢山得ているのがお金持ち投資家の特徴になります。

そもそもお金持ちは「現在、お金を沢山持っている」のでわざわざ株を売却してお金を手に入れる必要がないんですね。

優良株を買ったら長期間売らず、不労所得を受け取り続けるというのは完全な長期投資に該当します。

これは「強者の戦略」として評価することができます。

お金持ちは資金が潤沢ですから「優良株の株価が下がったら買い増し」するのです。

そして平均取得単価を下げ、また放置して配当金収入を受け取るのです。

この戦略を維持すれば負けることはほとんどありませんし、お金持ちだから通用する「超勝ち組戦略」になるのです。

普通の方は投資資金も限りがあり、優良株を長期保有してじっくりと不労所得を受け取る戦略を確立するのは難しいと思いますが、私は「優良株を長期保有する」のが最強だと思っています。

この戦略はとても万能です。

全資金を1つの優良株に注ぎ込むのではなく、投資資金の余力を残しておくのです。

株価が上がったらそのまま放置していれば良いですし、株価が下がったら買い増しを決行して平均取得単価を下げ、配当金収入を増やすのがお金持ちの取る王道戦略になります。

お金持ちの人ほど株式投資で有利になるのは「優良株を分散投資することができ、大きな含み損を抱えたらナンピンを行なって平均取得単価を下げることができるから」です。

資金力が乏しい人は「優良株をナンピンする」のもキツイでしょう。

優良株を分散投資しておけば、1つの銘柄で大きな含み損を抱えても「他の銘柄の配当金収入」でカバーすることができます。

配当金を受け取ったら株価が大きく下がっている優良株を追加購入すれば良いですし、追加購入したらその分配当金収入が増えるのでお金持ちはますます豊かになっていくのです。

株式投資はお金持ちほど有利に作られているゲームだと解釈することも可能ですが、投資資金が少ない人は「弱者の戦略」で戦っていくしかありません。

ただ、投資資金が少ない状態でも「優良株を長期保有して不労所得を得る」という戦略は十分に通用するので、あまり悲観的になる必要はないのです。

私がお勧めするのは優良株を分散投資する方法です。たくさん株を買うのが難しくても、一単元ずつ購入すれば投資資金が少なくても優良株を分散することは可能です。

・配当利回りが高い高配当株

・安定決算を維持しており、財務状態が良い安定株

・成長力に秀でている成長株

この3つの株を徹底的に集め、それぞれの特性を活かした戦略を当てはめれば株式投資で儲けるのは難しくありません。

お金持ちは含み損を抱えても気にしないのです。

今お金を持っているから含み損で資産が減少しても大したダメージにはなりませんし、株を売らなければいずれ株価は回復します。

お金持ち投資家が強いのは「じっくりと腰を据えて投資できる」という要素が大きいと分析しています。

短期間の利益にこだわらず、「不労所得」を確保する目的で投資資金を活用しているからお金持ちは株式投資で儲け続けることができるのです。

「お金持ちの人みたいに不労所得を受け取りたい!」と考えている方は、先ほど解説した戦略を実行してください。含み損を気にしないで株を長期保有するスタンスを築けば、長年利益を受け取れる勝ち組投資家になることが可能です。


スポンサードリンク