貧乏人だけ不安? 年金の心配を払拭する方法

LINEで送る
Pocket

老後の生活に対する不安を抱いている人は大変多いのです。

年金制度の崩壊が騒がれている現代日本。そもそも、年金に頼らなければいけない現状が不安を増長させていると認識すべきです。お金持ちの方は年金が崩壊しても何の心配もいりません。

なぜなら、年金を受給しなくても生活できるだけの不労所得があるからです。


若いうちから株式投資を始めるのは、年金の心配を頭から消し去るために有効になります。そもそも将来のことを過度に気にしても仕方ないので、今できることをやった方が良いでしょう。

株を買う資金があるのなら1株でも多く株を購入し、値上がりするまで待つという戦略を練るのは誰にでも可能です。日雇いで働いているのであれば、日給の1割を株式投資のお金に回して着実に資産を築いていく方法もあるのです。

年金の心配をしている人のほとんどは、資産が無い人です。

不労所得だけで老後の生活をまかなえるようになれば、年金が貰えなくても大丈夫です。老後、年金に悩まされない生活を実現したければ若いうちから資産を増やしていきましょう。お金を増やす資産を手に入れれば、人は豊かになっていきます。

世の中を広く見渡せば、様々な対処法があることに気づきます。年金が支払われない可能性があるのなら、自分で資産を築いて自分年金制度を作っていくしかないのです。国民全員を個人で守ることは不可能ですが、自分の家族や自分の身はいくらでも守ることが可能です。

年金の心配を払拭したければ、先を見据えた行動を心がけるのが重要になります。

年金が貰えなかったときに備えて株式投資をする。これは先を見据えた行動になります。

そもそも年金制度だけに頼るのはリスクの高い行為です。ビジネスも同じで取引先企業が1社しかいない場合、取引先の会社が潰れてしまったとき自社も経営危機に陥ります。

そのため、取引先を分散してリスク分散をするのが普通です。ビジネスの世界では当たり前となっている「リスク分散」という行為ですが、個人レベルに当てはめるとリスク分散に無頓着な人が多いのです。

自分だけは大丈夫。

年金制度があるから何とかなる。

そのような思い込みは今すぐ捨ててください。自分だけは大丈夫という保障はどこにもありません。将来の安定が確証されていない場合、年金制度崩壊に備えた行動を取るべきです。

自己責任が原則となる世の中で、最終的に自分の身を助けるのは自分自身です。自分の財産があなたの命を助けることを自覚して、株資産に対する認識を強めていきましょう。


スポンサードリンク